ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 生活習慣病・がん関連 > がん関連(療養生活) > 粒子線がん治療費の利子補給制度について

更新日:2015年8月11日

ここから本文です。

粒子線がん治療費の利子補給制度について

宿市にあるメディポリス国際陽子線治療センターにおいては,粒子線によるがん治療が平成23年4月から行われています。
こで行われている粒子線治療は,放射線の一種である陽子線を用いた治療法で,先進医療に位置づけられています。治療費は約300万円と高額であり,健康保険の適用がないため全額が患者の方の自己負担になります。
こで,県では,県民の方々が粒子線治療を受けやすい環境を整備するため,この施設で粒子線治療を受ける患者ご本人やそのご家族等が治療費を金融機関から借り受けた場合に,その利子の一部を助成しています。

【事業概要】

【利子補給までの流れ】

この制度の手続きは,大まかに下記のような流れとなっています。
 
1.粒子線がん治療の決定。銀行等からの治療費借入
2.県への利子補給承認申請
様式「県粒子線がん治療費利子補給金承認申請書」等
3.県の利子補給の審査・承認
4.粒子線がん治療開始・治療費支払い
5.銀行等への返済(利子を含む)
6.県への利子補給金の申請(年一括)
様式「県粒子線がん治療費利子補給金交付申請兼実績報告書」,「利子支払い証明書」等
7.県の利子補給金の交付決定及び支払い(年一括)

【様式】

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

一太郎ビューアダウンロード

一太郎形式のファイルをご覧いただく場合には、一太郎ビューアが必要です。一太郎ビューアをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部地域医療整備課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?