ホーム > 健康・福祉 > 社会福祉 > 社会福祉関連情報 > 被災者生活再建支援法を適用しました(令和2年7月豪雨)

更新日:2020年7月31日

ここから本文です。

被災者生活再建支援法を適用しました(令和2年7月豪雨)

令和2年7月豪雨により下記の区域で発生した災害については,被災者生活再建支援法の対象となる自然災害として認め,同法を適用します。

詳細

1.被災者生活再建支援法の対象となる市町村

鹿屋市,垂水市

2.被災者生活再建支援法適用日

令和2年7月4日

3.被災者生活再建支援法適用基準

(1)鹿屋市
被災者生活再建支援法施行令第1条第2号

10世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村

(2)垂水市
被災者生活再建支援法施行令第1条第6号

法施行令第1条第3号又は第4号に規定する都道府県が2以上ある場合に,
5世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村(人口10万人未満に限る),
2世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村(人口5万人未満に限る)

4.支援金の支給対象世帯

鹿屋市及び垂水市における
(1)全壊世帯…住宅が「全壊」した世帯
(2)解体世帯…住宅が半壊,又は住宅の敷地に被害が生じ,その住宅をやむを得ず解体した世帯
(3)長期避難世帯…災害による危険な状態が継続し,住宅に居住不能な状態が長期間継続している世帯
(4)大規模半壊世帯…住宅が半壊し,大規模な補修を行わなければ居住することが困難な世帯

5.支援金の支給額

(1)基礎支援金(住宅の被害程度に応じて支給額決定)
全壊世帯,解体世帯,長期避難世帯…100万円(※1人世帯は75万円)
大規模半壊世帯…50万円(※1人世帯は37万5千円)

(2)加算支援金(住宅の再建方法に応じて支給額決定)
建設・購入…200万円(※1人世帯は150万円)
補修…100万円(※1人世帯は75万円)
賃借(公営住宅を除く)…50万円(※1人世帯は37万5千円)

6.支援金の支給申請

(1)申請窓口
市町村(鹿屋市役所,垂水市役所)

(2)申請時の添付書面
基礎支援金…罹災証明書,住民票,預金通帳の写し等
加算支援金…契約書(住宅の購入,賃借等)等

(3)申請期間
基礎支援金…災害発生日から13月以内
加算支援金…災害発生日から37月以内

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部社会福祉課

電話番号:099-286-2824

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?