ホーム > 健康・福祉 > 高齢者・介護保険 > 老人ホーム等 > 高齢者のための施設サービス

更新日:2017年10月16日

ここから本文です。

高齢者のための施設サービス

高齢者が受けられる主な施設サービスには,次のようなものがあります。

◆介護保険サービスを提供する施設
  1. 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
  2. 介護老人保健施設
◆介護保険以外のサービスを提供する施設
  1. 養護老人ホーム
  2. 軽費老人ホーム(ケアハウス)
  3. 経過的軽費老人ホーム(A型,B型)
  4. 生活支援ハウス(高齢者生活福祉センター)

介護保険サービスを提供する施設

1.特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

  • 常時介護を必要とする方が入所できます。
  • 常時介護を要すると見込まれる方(要介護認定で要介護と認定された方)に対し,入浴,排せつ,食事等の介護や日常生活上の世話を行う施設です。

2.介護老人保健施設

  • 常時介護を要すると見込まれる方で,看護や機能訓練等が必要な方が入所できます。
  • 常時介護を要すると見込まれる方(要介護認定で要介護と認定された方)で,病状が安定期にある方に対し,看護,医学的管理の下における介護,機能訓練,必要な医療を行いながら,日常生活上の世話も行う施設です。
介護保険のサービスを受けるためには,要介護認定を受ける必要があります。市町村の介護保険担当課までお問い合わせください。
介護保健施設の紹介等は,居宅介護支援事業所でも行っています。

介護保険以外のサービスを提供する施設

1.養護老人ホーム

  • 家庭環境などの事情によって自宅での生活が困難な方が入所できます。
  • 65歳以上の高齢者の方で,身体上,精神上,環境上の問題があり,かつ経済的に困窮している方で,自宅において生活することが困難な方が入所できる施設です。

2.軽費老人ホーム

  • 家庭環境・住宅事情などで自宅での生活が困難な方が入所できます。
  • 家庭環境,住宅事情などの理由で,自宅において生活することが困難な低所得の60歳以上の高齢者が入所できます。
  • この軽費老人ホームには,給食サービスがついているA型と,原則的に自炊のB型とがあり,いずれも低額の料金で利用できます。

3.軽費老人ホーム(ケアハウス)

  • 高齢者が自立した生活を送れるように工夫した施設です。
  • 入所者の生活相談などに応じたり,入浴,食事の提供や緊急時の対応を行います。
  • 入所者が介護を必要とする状態になった場合は,外部から訪問介護員(ホームヘルパー)を派遣してもらうなど在宅福祉サービスが活用できます。

4.生活支援ハウス(高齢者生活福祉センター)

  • 高齢のため,独立して生活することが不安な高齢者が利用できる施設です。
  • 独立して生活するには不安のある高齢者に,交流の場などを提供する老人デイサービスセンター等に居住部門が併設されたものです。

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部介護福祉課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?