閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 最新情報 > 新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者について

更新日:2022年9月22日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者について

濃厚接触者の定義及び特定について

立感染症研究所「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極疫学調査実施要領」によると,

  • 濃厚接触者」とは,「患者」(「無症状病原体保有者」を含む。以下同じ。)が他者に感染させる可能性がある期間(発症日の2日前から(無症状の場合は検体採取日の2日前から))に患者と接触した方のうち,以下の条件1~4に該当する方になります。
  1. 者と同居あるいは長時間の接触(車内,航空機内等を含む)があった方
  2. 切な感染防護なしに患者を診察,看護若しくは介護していた方
  3. 者の気道分泌液若しくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方
  4. で触れることのできる距離(目安として1メートル)で,必要な感染予防策なしで,患者と15分以上の接触があった方(周辺の環境や接触の状況等,個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)
  • 厚接触者の特定については,患者となった方のお住まいを管轄する保健所が行います。連絡は保健所もしくは患者等を通じて行っています。

参考)保健所一覧

 濃厚接触者の待機期間

ミクロン株陽性者の濃厚接触者の待機期間については,7日間から5日間に見直されました。

た,待機期間は最終曝露日(陽性者との接触等)から5日間(6日目解除)(※1)ですが,2日目及び3日目の抗原定性検査キットを用いた検査(※2)で陰性を確認した場合は,社会機能維持者であるか否かに関わらず,3日目から解除が可能となりました。

だし,陽性者との最終接触日から7日間が経過するまでは,検温などご自身による健康状態の確認や,高齢者や基礎疾患を要する者等感染した場合に重症化リスクの高い方(以下「ハイリスク者」という。)との接触やハイリスク者が多く入所・入院する高齢者・障害者施設や医療機関への不要不急の訪問,感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること,マスクを着用すること等の感染防止を徹底するようにしてください。

※1

一世帯内の濃厚接触者の待機期間については,陽性者の発症日又は住居内で感染対策を講じた日のいずれか遅い方を0日目として起算します。

一世帯等の中で別の同居者が発症した場合は,改めてその発症日(当該別の同居者が無症状の場合は検体採取日)を0日目として起算します。また,当該感染者が診断時点で無症状病原体保有者であり,その後発症した場合は,その発症日を0日目と起算します。

※2

原定性検査キットは自費検査として,薬事承認されたものを必ず用いること

和3年9月27日付け厚生労働省事務連絡により,薬局において医療用抗原検査キットの販売が可能となりました。

れに伴い,個人の方でも抗原検査キットを購入することが可能となりましたが,使用にあたっては,購入時の薬剤師の説明をよく理解し,正しくご使用いただきますようお願いします。また,厚生労働省より,使用にあたっての注意点が示されておりますので,下記資料をご参照ください。

厚労省通知】令和3年9月27日付け事務連絡(4ページ目以降が使用の注意点等)(PDF:862KB)

療用抗原検査キットの取扱いの有無については,県薬剤師会ホームページ(外部サイトへリンク)に掲載されている「抗原定性検査・PCR検査・抗原定性検査キット販売対応薬局(外部サイトへリンク)」にてご確認ください。

【厚労省通知】感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について(PDF:1,631KB)

 待機期間中の過ごし方について

  • 不要不急の外出はできるだけ控えてください。(食料品等の買い出しなど,やむを得ず外出する場合は,マスクの着用や手指消毒など感染防止対策をお願いします。)
  • 通勤や通学も控えてください。
  • 公共交通機関の利用は控えてください。(不特定多数が利用する電車、バス、タクシー、飛行機など)
  • 待機期間は最終曝露日(陽性者との接触等)から5日間ですが,7日間が経過するまでは毎日の健康観察をお願いします。

オミクロン株の特徴を踏まえた濃厚接触者の特定・行動制限及び積極的疫学調査について

B.1.1.529系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について,厚生労働省から事務連絡が発出されました。

ミクロン株が主流である間,当該株の特徴を踏まえ,感染状況など地域の実情に応じて,全ての感染者に対する濃厚接触者の特定を行わない場合は,感染するリスクの高い同一世帯内や,重症化リスクの高い方が入院・入所している医療機関や高齢者施設等を対象に濃厚接触者の特定や行動制限を含めた積極的疫学調査を集中的に実施します。

お,対応が可能な保健所においては,引き続き,幅広く積極的疫学調査の実施や濃厚接触者の特定を行います。

【厚労省通知】感染者の発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について(PDF:1,631KB)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部新型コロナウイルス感染症感染防止対策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?