ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 生活習慣病・がん関連 > がん関連(予防・検診) > 低線量CTによる肺がん検診の検診費を一部助成します!

  • 許認可届出(様式提供)
  • 県の計画
  • 資格・検定・試験
  • 融資

ここから本文です。

更新日:2016年8月26日

低線量CTによる肺がん検診の検診費を一部助成します!

肺がんによる死亡は,本県のがんによる死因の第1位で,増える傾向にあります。
そのため,県では,肺がんの早期発見に有効とされている,低線量CTによる肺がん検診を,多くの方に受診していただけるよう,検診費の一部を助成します。
県に登録された医療機関等(一次検診機関)において,低負担で低線量CT肺がん検診を受けることができます。

対象となる方

県内に居住している方で,受診日時点において満50歳以上の方
ただし,肺がん治療中又は肺がん疑いや肺がん術後で経過観察中などで医師の管理下にある方,市町村のがん検診などで,「要精密検査」となった方は除きます。

検診費用

自己負担額3,150

定員

5,000人を上限とします。

実施期間

平成28年6月1日~平成29年3月31日まで
注)検診機関によって若干異なることがあります。

一次検診機関名簿

受診を希望する方は,一次検診機関に直接お電話にて予約をしてください。
受診されましたら,自己負担額3,150円を窓口でお支払いください。
 
受診に必要なもの
受診の際は,生年月日・住所の証明できるもの(運転免許証,健康保険証など)を,検診機関の窓口へお持ちください。

 

  1. 大井病院(姶良市加治木町)については,平成28年7月1日検診分から助成対象となります。
  2. 摩郡医師会病院(薩摩郡さつま町)については,平成28年8月8日検診分から助成対象となります。
  3. 西田そよ風クリニック(鹿児島市)については,平成28年9月1日検診分から助成対象となります。
  4. 録医療機関によっては,人間ドックとのセット受診のみを対象に検診の申し込みを受け付けているところもありますので,御予約の際には,医療機関へ必ず御確認ください。

平成22年度~平成24年度の低線量CT肺がん検診の実績をまとめました。

肺がん検診早期発見促進事業3年間のまとめ(平成22年度~平成24年度)(PDF:3,567KB)

肺がんとは

肺がんは気管,気管支,肺胞の細胞が正常の機能を失い,無秩序に増えることにより発生します。
肺がんは,小細胞がんと非小細胞がんの2つの型に大きく分類されます。
非小細胞がんは,さらに腺がん,扁平上皮がん,大細胞がん,腺扁平上皮がんなどの組織型に分類されます。
このうち,腺がんが日本で最も発生頻度が高く,男性の肺がんの40%,女性の肺がんの70%以上を占めています。がんの組織型によって,発生しやすい部位,進行の速度,症状など特徴が異なります。
肺がんの詳しい解説は,国立がん研究センターがん対策情報センター(外部サイトへリンク)のホームページをご覧ください。

肺がんの症状

早期においては症状が見られないことが多く,進行すると,なかなか治りにくい咳や胸痛,呼吸時のゼーゼー音(喘鳴),息切れ,血痰,声のかすれ(嗄声),顔や首のむくみなどがあります。
風邪などの症状と区別が付かないことが多いので,このような症状がある時には医療機関の受診をお勧めします。喫煙歴のある40歳以上の人は,注意が必要です。

鹿児島県における肺がんの現状

本県では,平成26年に1,085名の方が肺がんにより死亡しています。平成26年の肺がん死亡率(人口10万対)は国が58.5であるのに対し,本県は65.3と大きく上回っており,国・県ともに年々上昇しています。
本県の肺がんの死亡率は,がんの部位別死亡率の中で最も高く,第2位の大腸がん死亡率(人口10万対)の42.5と比べると,非常に高いことがわかります。

肺がんの原因と予防

肺がんのリスク要因を考える上で,喫煙習慣を切り離して考えることはできません。非喫煙者に対する喫煙者の肺がんリスクは,日本人を対象とした疫学研究(2006年)において,男性で4.4倍,女性で2.8倍という結果でした。
また,受動喫煙によっても,肺がんのリスクが高くなり,受動喫煙がない者に対し,20~30%程度高くなると推計されています。
 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部健康増進課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る