ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 知的・心身障害児者福祉 > 介護者が一時的に心身障害児(者)の世話ができなくなったときは

更新日:2009年3月31日

ここから本文です。

介護者が一時的に心身障害児(者)の世話ができなくなったときは

在宅の心身障害児(者)を介護している保護者が,疾病その他の理由により一時的に介護することが困難になった場合,その障害児(者)を短期間施設で保護してもらうことができます。 この制度を利用するためには,あらかじめ市町村へ支給申請し,支給決定を受けておく必要があります。

対象者 在宅の心身障害児(者)
入所期間 原則として7日以内
利用者負担 利用者本人又は主たる扶養義務者の前年の所得税額の申告に基づき,決定します。
利用手続き 支給決定を受けた後,施設(指定居宅支援事業者)に手続きをしてください。

詳しくは,市福祉事務所,又は町村役場福祉担当課にご相談ください。


(問い合わせ先)
市福祉事務所,町村役場福祉担当課  
障害福祉課 電話番号:099-286-2744
問い合わせ先メールアドレス shougai@pref.kagoshima.lg.jp

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部障害福祉課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?