ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 身体障害者福祉 > 軽度・中等度難聴児補聴器助成事業

更新日:2019年2月8日

ここから本文です。

軽度・中等度難聴児補聴器助成事業

軽度・中等度難聴児補聴器助成事業について

身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度の難聴児(以下「軽度・中等度難聴児」という。)の福祉の増進を図ることを目的として,軽度・中等度難聴児に対して,補聴器の購入費用の一部を助成しています。

1象者(以下の要件を全て満たす方が対象)

(1)18歳未満であること。
(2)鹿児島県内に住所を有していること。
(3)耳の聴力レベルが30デシベル以上で,身体障害者手帳の交付対象とならないこと。ただし,医師が必要と認める場合は30デシベル未満も対象とする。
(4)聴器の装用により,言語の習得等に一定の効果が期待できると身体障害者福祉法第15条第1項に規定する耳鼻咽喉科の指定医師から判断されていること。
(5)度・中等度難聴児の属する世帯のいずれかの世帯員の市町村民税所得割の最多市町村民税所得割課税額が46万円以上でないこと。

2成対象経費

  • 補聴器の購入に要する経費が対象です。ただし,次の経費は対象外となります。

(1)用年数(原則5年)を経ない補聴器の再購入に要する経費

(2)聴器の修理に要する経費

3い合わせ先

実施主体は,市町村になりますので,詳しくはお住まいの市町村福祉担当課へお問い合わせください。

平成30年4月1日現在,県内33市町村が事業を実施しています。

【実施している市町村】

鹿児島市(外部サイトへリンク),鹿屋市,枕崎市,阿久根市,出水市,指宿市,西之表市,垂水市,薩摩川内市,日置市(外部サイトへリンク),曽於市,霧島市(外部サイトへリンク)いちき串木野市(外部サイトへリンク)南さつま市(外部サイトへリンク),志布志市,奄美市,南九州市(外部サイトへリンク),伊佐市,姶良市(外部サイトへリンク),十島村,さつま町,長島町,湧水町,大崎町(外部サイトへリンク),錦江町,南大隅町,肝付町,屋久島町(外部サイトへリンク),宇検村,瀬戸内町,天城町,和泊町,与論町

(ホームページに軽度・中等度難聴児補聴器助成事業について掲載している市町村はリンク先を表示しています。)

4参考資料

詳しくは,下記資料をご参考ください。

軽度・中等度難聴児補聴器助成事業について(PDF:261KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部障害福祉課

電話番号:099-286-2746

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?