ホーム > 健康・福祉 > 子ども・少子化対策 > 子どもの貧困対策 > 子どもの貧困対策について

更新日:2016年11月17日

ここから本文です。

子どもの貧困対策について

1.「子どもの貧困対策計画」を策定しました

鹿児島県では,平成28年3月に策定した「かごしま子ども未来プラン2015」に,教育支援,生活支援,保護者に対する就労支援,経済的支援の4つを柱とする「子どもの貧困対策計画」を盛り込みました。

 「かごしま子ども未来プラン2015」

2.「子供の未来応援国民運動」について

「子供の貧困対策に関する大綱」(平成26年8月29日閣議決定)において,子供の貧困対策が国を挙げて推進されるよう,官公民のネットワークを構築するとともに,国民の幅広い理解と協力の下に子供の貧困対策を国民運動として展開することとされたことから,内閣府では,下記の事業を実施しています。

(1)「支援情報ポータルサイト(子供の未来応援国民運動HP)」の開設

ひとり親家庭に対する支援施策を含め,国,都道府県,市町村等が行う子供の貧困対策(支援情報)を一元的に集約した上で,支援の種類等によって検索できる総合的な支援情報ポータルサイトです。

子供の未来応援国民運動(支援情報ポータルサイト)(外部サイトへリンク)

(2)「支援活動と支援ニーズのマッチングサイト(子供の未来応援国民運動HP)」の開設

CSR活動を行う企業等の支援リソースと,NPO等が抱えているニーズの双方を掲載し,相互に検索できるようにすることで,マッチングさせる仕組みを構築します。

(3)民間資金による「子供の未来応援基金」の創設

子供の貧困対策を「慈善事業」にとどまらず,「未来への投資」と位置づけ,寄付金をはじめとする企業や個人等からの提供リソースを「子供の未来応援基金」として結集し,「未来応援ネットワーク」事業等を実施します。

3.内閣総理大臣からのメッセージについて

平成28年11月8日、総理大臣官邸において、平成27年10月の「子供の未来応援国民運動」の本格始動から1年経過したことを機に、これまで国民運動に協力されてきた企業や、子供の未来応援基金による支援先団体などによる「一周年の集い」が開催されました。
官・公・民の関係者が一堂に会してスタートした「子供の未来応援国民運動」では、国民の力を結集し、全ての子供たちが夢と希望を持って成長していける社会を実現することを目指しています。
「一周年の集い」では、安倍内閣総理大臣から子供たちへメッセージが出されました。

内閣総理大臣メッセージ(PDF:54KB)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部子ども福祉課

電話番号:099-286-2766

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?