ホーム > 産業・労働 > 商工業 > 郷中塾 > 平成28年度かごしま産業おこし郷中塾

  • 許認可届出(様式提供)
  • 県の計画
  • 資格・検定・試験
  • 融資

ここから本文です。

更新日:2016年5月20日

平成28年度かごしま産業おこし郷中塾

「平成28年度かごしま産業おこし郷中塾」の塾生を募集します

現在,我が国では,グローバル化の急速な進展や本格的な人口減少,超高齢化社会の到来など大きな変革期を迎え,これまで社会を支えていた様々なシステムが見直しを求められています。このような中,鹿児島県では,変革の時代に対応した戦略的産業興しを実践する人材の育成を目的に,「かごしま産業おこし郷中塾(ごじゅうじゅく)」を開催しています。

当塾は,会社を率いる立場にある若手経営者・後継者の皆さんが,立場を同じくする者と共に学び,考え,交流する場を設け,変革の時代に対応する知見の向上,ネットワークの形成を図ります。

平成28年度かごしま産業おこし郷中塾参加者募集(PDF:191KB)

かごしま産業おこし郷中塾の主な構成

年度を通じて6回の郷中塾(本会)を開催します。

カリキュラムの一部として実践講座,視察等を実施します(希望者制)。

郷中塾本会

(1)例会(6月4日(土曜日),7月(7月16日(土曜日),9月3日(土曜日),10月1日(土曜日),11月5日(土曜日))

経営環境・事業環境の変化に適応するための全体講義(講演・研修)を実施します。

各回のテーマは,「経営者の役割の重要性」→「経営環境・事業環境」→「収益構造・ビジネスモデルの構築」→「会社の状況が分かる財務分析」→「成果をあげるマネジメント」としています。

各回においては,小グループに分かれて塾生間で議論を行う場(交流会)や演習を行う場を設け,講演内容に対する理解を深め,意見交換を通じて塾生同士の交流を図ります。また,希望者による懇親会を開催し,若手産業人のネットワーク形成を図ります。

(2)報告会(2月)

実践講座参加塾生からの事業活動報告を行い,塾生全体に対して経営革新等の取組への意識付けやノウハウの共有を図ります。

実践講座(希望者・7月~3月)

実績のあるディレクターの指導の下,具体の事業の新規開発や販路拡大に取り組みます。

実地でのマーケティング,自社商品等の価値の確認,計画立案・実行などにより,事業環境の確認,リーダーシップ,方向性の見極めなどの修得を目指すほか,合宿等も予定しています。

視察(希望者)

(1)国内視察(11月11~12日)

全国の若手経営者が集う「全国若手ものづくりシンポジウムin津山」に参加し,ワークショップなどを通じて他の地域の若手経営者との交流を図ります。

(2)海外視察(2月)

東南アジア市場の視察を実施します。

現地ジェトロなどの専門機関による市況説明のほか,現地商談会を見学します。

対象者・募集スケジュール

対象・条件

年齢40歳代までの,県内に本社,又は事業所を有する中小企業の経営者,後継者,戦略・企画担当者等
年間を通じて継続して参加できること

募集人数

100名程度まで
応募者多数の場合は,お断りをする場合があります。

受講料

無料
ただし,懇親会や視察,実践講座における個々の企業活動に帰属するもの(試作費その他)については,実費の負担があります。

申込募集

以下の申込用紙を、「FAX(099-286-5574)」または「メール(boueki@pref.kagoshima.lg.jp)」にてお申し込みください。

申し込み用紙(PDF:31KB)

申し込み用紙(WORD:53KB)

平成28年5月27日(金曜日)まで

 

 

お問い合わせ先

  • 鹿児島県商工労働水産部商工政策課商業係
  • 〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号
  • 電話:099-286-2931(担当:松原,坂元)
  • FAX:099-286-5574
  • e-mail:boueki@pref.kagoshima.lg.jp

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部商工政策課

電話番号:099-286-2931

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る