ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成29年度 > 株式会社上組は志布志市と立地協定を締結しました

更新日:2017年11月6日

ここから本文です。

株式会社上組は志布志市と立地協定を締結しました

上組

株式会社上組田代表取締役専務(中央右),本田志布志市長(中央左),岩根市議会議長(左)

 

式会社上組は、創業が1867年(慶応3年),今年で150年を迎える長い伝統を誇る総合物流企業で,関東から西日本の主要港で物流事業を行っており,国内30カ所の営業拠点のほか,海外にも現地法人を有しています。

式会社上組志布志支店は,日本有数の農畜産地帯である大隅半島の飼料供給基地として,鹿児島県の重要港湾である志布志港若浜地区が整備されたことに伴う,各飼料メーカーの志布志市への進出に合わせ,昭和59年に設置され,以来,主に飼料原料の荷役・保管・運送を行っています。現在は、穀物サイロ176基,オイルタンク9基,普通・定温・薫蒸倉庫約1万6千坪の保管施設を有するなど,順調に業績を伸ばしており,主な取扱貨物はとうもろこし,大豆粕、マイロ(※1),政府所有米,魚粉,脱脂粉乳,牧草等です。

た,コンテナ貨物においては,阪神港への国際フィーダー航路(※2)の船舶代理店業務や梱包・通関・荷役業務を行っており,志布志港国際コンテナターミナル内での荷役業務においては,自社で荷役機械(リーチスタッカー、トランスファークレーン)を導入して業務の効率化にも取り組んでいます。

回の物流施設の増設については,今後の志布志港の機能拡充を見込んだ保管能力の増大,品質の衛生管理向上,更なる定温貨物の獲得を図ることを目的に計画されたもので,これにより,志布志港の取扱貨物量の増大はもとより,地域における雇用機会の拡大や地域経済の浮揚発展に大きく寄与するものと期待されます。

(※1)マイロ:実を飼料または食用とするモロコシの一群。

(※2)国際フィーダー航路:国際コンテナ戦略港湾(阪神港・京浜港)と国内各港を結ぶ内航フィーダー航路

立地協定日

平成29年10月31日(火曜日)

株式会社上組要(外部サイトへリンク)

(1)所在地:兵庫県神戸市中央区浜辺通四丁目1-11

(2)創業:慶応3年

(3)代表者:代表取締役社長

(4)従業員数:3,707名(平成29年3月現在)

(5)事業内容:国内物流事業・国際物流事業・その他

(6)資本金:31,642百万円

(7)年商:年間2,462億円(平成29年3月期)

株式会社上組志布志支店

(1)所在地:鹿児島県志布志市志布志町志布志3306

(2)設置:昭和59年

(3)代表者:支店長

(4)従業員数:110名(平成29年3月現在)

(5)事業内容:国内物流事業・国際物流事業・その他

増設する施設

1料原料倉庫

(1)所在地:鹿児島県志布志市志布志町安楽290-13,297-1,367-1

(2)用地面積:33,114平方メートル(臨海工業団地1工区既存敷地内)

(3)建物面積:約8,000平方メートル

(4)着工予定:平成30年4月

(5)操業予定:平成30年10月

(6)投資予定額:約10億円

(7)新規雇用者:約5名

(8)事業内容:飼料原料保管事業に関する普通倉庫

2・青果物・飼料原料定温倉庫

(1)所在地:鹿児島県志布志市志布志町安楽290-13,297-1,367-1

(2)用地面積:33,114平方メートル(臨海工業団地1工区既存敷地内)

(3)建物面積:約8,000平方メートル

(4)着工予定:平成31年4月

(5)操業予定:平成31年10月

(6)投資予定額:約20億円

(7)新規雇用者:約10名

(8)事業内容:米・青果物・飼料原料保管事業に関する定温倉庫




よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?