ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成29年度 > 株式会社マルマエは出水市と立地協定を締結しました

更新日:2017年11月15日

ここから本文です。

株式会社マルマエは出水市と立地協定を締結しました

マルマエ

(株)マルマエ田取締役社長(中央),渋谷出水市長(左)

式会社マルマエは,昭和40年4月,主にタンク製造及び配管等の溶接事業を行う前田鉄工所として創業。昭和63年10月にマルマヱ工業有限会社として法人化し,平成9年9月には,現社長である前田俊一氏が個人で経営していたオートバイのレース用部品を製造する“T'sM'sR&D”の事業を引継ぎ,R&D(研究開発)事業部の設置を起点として,精密加工部品を製造する切削加工事業へ転換しました。
の後,発電所用蒸気タービンや医療装置,産業用ロボット,液晶製造装置,太陽電池製造装置,半導体製造装置等の部品製造へと業務を拡大し,平成13年4月に株式会社マルマエに社名変更。平成15年12月に高尾野内陸工業団地に本社屋及び工場を建設,操業を開始した結果,平成18年12月には東京証券取引所マザーズに上場と急成長を遂げ,翌年には経済産業省から「元気なモノづくり中小企業300」に選定されました。
方で,平成23年に世界的な経済不況の影響を受けて事業再生ADRの手続きを行うものの,優れた技術力と高い経営力で事業再生計画も前倒しで完了し,前期(平成29年8月期)は,過去最高益を達成しました。
回の工場増設は,半導体やフラットパネルディスプレイの製造装置向け真空パーツや高精度部品の大幅な受注増加に対応するためであることはもちろん,今後,市及び県の地域経済を牽引する企業としての将来を見据えた投資であり,地域にける雇用創出はもとより,地域経済の浮揚発展に大きく貢献するものと期待されます。

立地協定日

成29年11月10日(金曜日)

株式会社マルマエの概要(外部サイトへリンク)

(1)所在地:出水市高尾野町大久保3816番41
(2)設立:昭和63年10月
(3)代表者:代表取締役社長田俊一
(4)資本金:5億8,117万円
(5)年商:30億3,500万円(平成29年8月期)
(6)従業員数:168名
(7)事業内容:半導体・液晶等の精密製造装置の部品の切削・加工

増設工場の概要

(1)工場名:株式会社マルマエ出水事業所
(2)所在地:出水市大野原町2141番2(パイオニアプラズマディスプレイ社200工場を改修活用)
(3)用地面積:72,330.92平方メートル
(4)建築面積:17,588.91平方メートル
(5)着工予定:平成29年11月
(6)新規雇用予定者数:初年度50名(3カ年計画:120名)
(7)投資予定額:初年度19億円(3カ年計画:32億円)
(8)操業予定:平成30年4月
(9)事業内容:半導体・液晶等の精密製造装置の部品の切削・加工
(10)生産計画:約30億円/年(3年で達成予定)



よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?