ホーム > 産業・労働 > 商工業 > 郷中塾 > 平成23年度「かごしまものづくり郷中塾」

更新日:2012年3月22日

ここから本文です。

平成23年度「かごしまものづくり郷中塾」

開催趣旨

県では,本県の製造業振興の方向性をとりまとめた「かごしま製造業振興方針」を平成23年3月に策定しました。この振興方針では,「産業人材の育成・確保」を掲げており,その施策の一つとして,「かごしまものづくり郷中塾」を今年度開催いたしました。
郷中塾では,指導者と塾生たちが業種や地域を越えて交流を行うカリキュラムを通じて,日本の未来・鹿児島の未来を自分たちが担っていくのだという産業人の精神性を高め,実践・実行につなげていくことを念頭に,一年間取り組んでまいりました。

事業概要

【塾頭】

関満博氏(一橋大学名誉教授)

【事業コンセプト】

変革の時代を生き抜く力と新しいビジネスモデルを創出する力を身に付けた人材の育成

【取組の背景】

  • 中小企業の後継者育成が喫緊の課題であること
  • 目的意識を持った異業種のネットワークによる情報交換・刺激や競争,連携が新事業展開に有効であること

【対象】

おおむね45才までの経営者,後継者,経営幹部の方々など

【研修内容】

平成23年度は主に合宿形式で全6回開催。うち海外視察(上海・無錫)1回,県外の経営者との交流1回(北海道で開催された若手経営者塾全国大会に参加)

  • 講義(国内,海外事情変化への洞察,変革の時代のリーダーの役割など)
  • 県内外の異業種,同業種との交流
  • 商品開発・マーケティングの基礎,事業戦略策定演習
  • 商品開発実践(選択)など

【参加者感想】

  • 経営とリーダーシップ,商品開発のプロセス,マーケティングに関する手法などを学ぶことができた。塾生による異業種ネットワークも大きな財産となった。
  • 全国の経営者との交流では,熱い思いで若手経営者塾に参加している方々と知り合うことができた。企業経営をしていく上では,多くの苦しみや喜びがあるが,それらの体験を語り合える仲間がいるということは非常に心強いものだと感じた。

平成23年度活動の記録

平成23年度ものづくり郷中塾報告書1(PDF:2,344KB)

平成23年度ものづくり郷中塾報告書2(PDF:3,973KB)

平成23年度ものづくり郷中塾報告書3(PDF:3,014KB)

平成23年度ものづくり郷中塾報告書4(PDF:3,957KB)

平成23年度ものづくり郷中塾報告書5(PDF:3,679KB)

平成23年度ものづくり郷中塾報告書6(PDF:1,802KB)

平成23年度ものづくり郷中塾報告書7(PDF:2,661KB)

平成23年度ものづくり郷中塾報告書8(PDF:3,039KB)

平成23年度ものづくり郷中塾報告書9(PDF:2,906KB)

平成23年度ものづくり郷中塾報告書10(PDF:3,662KB)

平成23年度ものづくり郷中塾報告書11(PDF:1,573KB)

平成23年度ものづくり郷中塾報告書12(PDF:1,561KB)

平成23年度ものづくり郷中塾報告書13(PDF:3,212KB)

平成24年度の開催について

平成24年度は,本塾を更に発展させ,本県の未来を担う若手経営者を対象に「産業おこし郷中塾」(商工労働水産部商工政策課所管)を開催する予定ですので,是非ご参加ください。(平成24年4月頃募集開始予定)

 

 

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2964

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?