ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成30年度 > 株式会社アルプスエンジニアリングは霧島市と立地協定を締結しました

更新日:2018年10月3日

ここから本文です。

株式会社アルプスエンジニアリングは霧島市と立地協定を締結しました

株式会社アルプスエンジニアリング

中重霧島市長(中央左),株式会社アルプスエンジニアリング刀原社長(中央右),下深迫霧島市議会副議長(右)

式会社アルプスエンジニアリングは,昭和50年11月に静岡県において,産業用機械装置の設計製作を行う会社として設立され,その後,精密機械加工並びに高精細微細マイクロブラスト(※)加工・レーザー加工に関する同社の独自技術をもとに,金属・セラミックスに対して他に類を見ない精密加工を手掛けてきています。
平成17年には,子会社である株式会社アルプスエステックが霧島市溝辺町の久留味川工業団地内に設立され,平成28年には工場を増設するなど,順調に操業が行われています
今回の霧島加工技術開発センターの新設は,航空・宇宙や自動車,半導体製造装置等の部品製造のニーズの高精度化に対応するため,現在の加工技術をより進化させた超精密加工技術・レーザー加工技術の開発を行っていく必要があることに加え,鹿児島空港に近いという利便性や自然災害等に伴うリスク分散も考慮し,鹿児島臨空団地に決定されたものです
さらに,本県の優秀かつ豊富な人材に着目するとともに,子会社との連携を通して事業拡大を図ることも決定された理由であり,地域における雇用の創出,活性化はもとより,地域経済の浮揚発展に大きく貢献するものと期待されます。

(※)マイクロブラスト:被加工物の表面に微細噴射材を衝突させることにより,微細な凹凸面を作り出す加工技術。セラミックス全般,ガラスなどの超精密加工に適しています。

立地協定日

成30年9月26日(水曜日)

株式会社アルプスエンジニアリングの概要(外部サイトへリンク)

(1)所在地:静岡県浜松市西区大久保町1349番地(浜松技術工業団地内)
(2)設立:昭和50年11月
(3)代表者:代表取締役
(4)資本金:8,500万円
(5)年商:23億200万円(平成30年7月期算)
(6)従業員数:73名(平成30年8月現在)
(7)事業内容:産業用機械装置の設計製作,精密機械加工並びにマイクロブラスト・レーザー加工

新設開発センターの概要

(1)名称:株式会社アルプスエンジニアリング島加工技術開発センター
(2)所在地:鹿児島県霧島市隼人町西光寺字東免2427番28(鹿児島臨空団地内)
(3)用地面積:11,380.71平方メートル
(4)建物面積:1,111.36平方メートル
(5)着工予定:平成30年11月
(6)操業予定:平成31年6月
(7)投資予定額:5億5,500万円(うち土地購入費2億7,900万円)
(8)新規雇用者:6名
(9)事業内容:超精密加工技術・レーザー加工技術の開発等
(10)生産計画:年間500万円(初年度)

【参考】子会社の概要

(1)企業名:株式会社アルプスエステック
(2)所在地:鹿児島県霧島市溝辺町三縄578番地6(久留味川工業団地内)
(3)代表者:代表取締役
(4)設立:平成17年11月
(5)従業員数:61名(平成30年8月現在)
(6)事業内容:精密機械加工及びマイクロブラスト加工

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?