ホーム > 産業・労働 > 産業支援 > 産業支援・技術振興 > 「知識ゼロで始められる機械学習活用トレーニング(第2回ものづくりIoT研究会)」を開催しました

更新日:2019年1月10日

ここから本文です。

「知識ゼロで始められる機械学習活用トレーニング(第2回ものづくりIoT研究会)」を開催しました

開催チラシ

【チラシを印刷する】(PDF:167KB)

平成30年10月から11月にかけて,知識ゼロで始められる機械学習活用トレーニング(平成30年度第2回ものづくりIoT研究会)」を開催しました。

今回は,AIをテーマに,専門知識を持たない方でも活用しやすい機械学習クラウドサービス「MAGELLANBLOCKS」を教材として,セミナー,ハンズオン,成果報告会の3回に分けて開催しました。

たくさんのご参加,ありがとうございました。

主催:鹿児島県(ものづくりIoT研究会(鹿児島県工業技術センター(外部サイトへリンク)),鹿児島県IoT推進ラボ(外部サイトへリンク)(鹿児島県産業立地課)),一般財団法人九州地域産業活性化センター

10月3日ミナー&ラボツアー

開催概要

【場所】鹿児島大学工学系講義棟121教室(鹿児島市郡元1丁目21-14)

【参加者】104名

【後援】国立大学法人鹿児島大学大学院理工学研究科

内容

セミナー

福岡に拠点を置きAIを主な事業ドメインとするITベンチャー企業,(株)グルーヴノーツの代表取締役社長・最首氏に,AI,機械学習とはなにか?その技術の概要から,実際の活用動向についてお話しいただきました。

【講師】(株)グルーヴノーツ表取締役社長裕氏

 

セミナー1 セミナー2

ラボツアー

先端技術等に関係する研究を行っている鹿児島大学大学院理工学研究科のラボツアーを行いました。普段は見ることができない最先端の研究の今を間近で見る絶好の機会となりました。

1域コトづくりセンター(IoT実証ラボ)

コトづくりセンター

2邊研究室(情報処理)

ラボツアー渡邊研

3研究室(医工連携ロボット)

ラボツアー余研

10月30日械学習を試す~ハンズオン~

「MAGELLANBLOCKS」のデモ環境の提供を受け,サンプルを使って機械学習を体験するとともに,機械学習を必要とする経営課題や機械学習による課題解決の手法を学びました。

ハンズオン終了後1ヶ月間は,提供されたデモ環境を活用して,参加者各自で試行していただきました。

【場所】かごしま県民交流センター3階中研修室第1

【参加者】18名

11月29日した結果を共有する~成果報告会~

ハンズオン後,1ヶ月間自社等で試行した結果を,参加者で共有・ディスカッションし,自社で成果を出すためのヒントを見いだしました。

【場所】かごしま県民交流センター4階大研修室第3

【参加者】17名

成果報告会1成果報告会2

参加者の声

最首社長の講演は素晴らしかった。本当に知識ゼロで始められると分かった。(情報通信業)

一度も機械学習を体験したことがなかったので,詳しく実例を示しながら実施して頂けて大変ためになった。なかなか他社の取り組みを見ることはないのでとても有難かった。(製造業)

意外と身近なものだと気づいた。(製造業)

報告会で時間が短かったので10分程度は欲しい。グループでのテーマにも取り組んでみたかった。(情報通信業)

他社の視点の違いを感じ様々な使い方があると知った。(製造業)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2964

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?