閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 産業・労働 > 観光・特産品 > 特産品の開発・販売促進 > 特産品販路拡大等 > 伝統的工芸品製造事業者や民間企業等が協働で新商品開発などに取り組むプロジェクト支援事業の2次募集を開始します

更新日:2022年6月13日

ここから本文です。

伝統的工芸品製造事業者や民間企業等が協働で新商品開発などに取り組むプロジェクト支援事業の2次募集を開始します

伝統的工芸品製造事業者や民間企業等多様な主体と協働で行う伝統的工芸品の素材や技術・技法を生かした上質で,デザイン性,機能性に優れた新商品の開発から販路開拓まで一体的に取り組むプロジェクトを支援します。
1.補助対象となる事業

県内の伝統的工芸品製造事業者等とコンソーシアム(共同事業体)を形成して,以下の(1),(2)に掲げる取組を一体的に行うプロジェクト。

(1)新商品開発
経済産業大臣又は鹿児島県知事が指定している県内の伝統的工芸品の素材や技術・技法を生かした上質で,デザイン性,機能性に優れた新商品の開発(例:伝統的工芸品の素材や技法を生かした住宅などの内外装,家具,インテリア,調度品,生活用品等)

(2)(1)の販路開拓等(情報発信を含む)
コンソーシアムを構成する民間企業等の店舗や営業所での顧客等へのPRや販売をはじめ,国内外の展示会,物産展等への出展,クラウドファンディング,インターネット販売,専門雑誌や各種メディア等での情報発信など国内外への販路開拓につながる取組

2.補助対象事業者

伝統的工芸品製造事業者等及び同事業者等と異なる業種の民間企業等の2事業者以上で構成するコンソーシアムの代表事業者。

※コンソーシアムの形成に当たっては,補助対象事業の効果的な実施を促進するため,上記事業者に加えコンサルタント業者,広告代理店,研究機関,金融機関など多様な主体が加わることが可能。
※コンソーシアムの代表事業者は,原則として,鹿児島県内に本社又は本事業の活動拠点を有すること。ただし,代表事業者が鹿児島県内に本社又は本事業の活動拠点を有していない場合でも,認める場合もある。
※コンソーシアムの代表事業者は,県税を滞納していないこと。

3.補助額および補助率

(1)補助額:200万円以内

(2)補助率:補助対象経費の3分の2以内の額(千円未満の端数は切り捨て)

4.採択予定件数

予算の範囲内とします。

5.事業の実施期間

交付決定日から最長で令和5年2月28日(火曜日)まで。その期間にプロジェクトを開始し,補助対象事業者が自ら支払いまで完了した分のみを対象とする。
なお,交付決定日以前に発生した経費は,原則,補助対象にはならない。

6.応募期間

令和4年6月13日(月曜日)~7月15日(金曜日)

7.応募方法

申請書類を郵送又は電子メールで申請

8.応募書類

(1)承認申請書(第1号様式)
(2)事業計画書(第2号様式)
(3)収支予算書(第3号様式)
(4)添付書類
・コンソーシアムの構成員(民間企業に限る。)の概要が分かる資料(パンフレット等)
・コンソーシアムの代表事業者の直近2カ年の収支の状況が分かる資料(事業決算報告書等)
・コンソーシアムの代表事業者に県税の未納がないことを証明する書類

9.提出先

鹿児島県商工労働水産部販路拡大・輸出促進課特産振興係担当:堀添,服部

<住所>
鹿児島市鴨池新町10番1号(郵便番号:890-8577)

<電話番号>099-286-3050

<FAX>099-286-5581

<電子メールアドレス>tokusan@pref.kagoshima.lg.jp

 

10.要領・応募様式


(1)伝統的工芸品コンソーシアム事業募集要項(PDF:116KB)
(2)伝統的工芸品コンソーシアム事業補助金交付要綱(PDF:91KB)
(3)伝統的工芸品コンソーシアム事業実施要領(PDF:109KB)
(4)承認申請書(第1号様式)(WORD:15KB)
(5)事業計画書(第2号様式)(WORD:21KB)
(6)収支予算書(第3号様式)(WORD:29KB)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部販路拡大・輸出促進課

電話番号:099-286-3050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?