ホーム > 産業・労働 > 観光・特産品 > 鹿児島県上海事務所 > 中国で商標登録を出願しました。

更新日:2010年3月11日

ここから本文です。

中国で商標登録を出願しました。

 中国においては,「鹿児島」といった日本の地名や地域団体商標を第三者が商標出願するという問題(冒認出願問題)が発生しており,中国における県産品のブランドイメージの保護や販路拡大を図る上で適切な対応が求められる状況となっています。
 このような中国等における第三者による不適切な商標登録を未然に防ぐとともに,“かごしまのブランド”の構築に資するため,本県が国内で保有している商標等のうち,上海マーケット戦略ロードマップ等により販路拡大を図る県産品と関連のあるものについて,中国等で商標登録を出願しました。
 

1 商標登録を出願した商標等

  • 県章
  • 県シンボルマーク
  • かごしまの農林水産物認証マーク※
  • かごしまブランドマーク※
  • かごしま黒豚証明書※
  • さつま地鶏※
  • かごしま
  • さつま
  • 薩摩
    ※印は既に日本国内で商標登録済みのものです。

2 出願した国

 
中華人民共和国
 ※「かごしま黒豚証明書」については,香港,マカオ,台湾及びシンガポールにおいても出願しました。
 

3 備考

    今回の出願結果が判明するのは,中国においては約3年後,香港,マカオ,台湾及びシンガポールにおいては約半年~1年後になります。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

PR・観光戦略部かごしまPR課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?