ホーム > 教育・文化・交流 > 国際交流・パスポート > 国際交流・協力 > 令和2年度かごしま多文化共生社会推進事業補助金における補助団体の決定について

更新日:2020年9月29日

ここから本文です。

令和2年度かごしま多文化共生社会推進事業補助金における補助団体の決定について

 

令和2年度かごしま多文化共生社会推進事業補助金における補助団体として,以下のとおり2団体を決定しました。

補助決定団体

 

団体名(所在地) 事業概要
特定非営利活動法人コミュニティーサポートセンター

(1)移住された外国人の文化や考え方を理解する出前授業(全3回)

(2)移住された外国人がおおすみ・鹿屋の歴史や文化を理解するツアー(全3回)
特定非営利活動法人そお文化村 多国籍の在留外国人と地元住民が各国の代表的な料理を一緒に作り,食べて,話して,学ぶ交流(全1回)

 

かごしま多文化共生社会推進事業補助金の概要

地域において,国籍や民族など異なる人々が,お互いの文化的な違いを認め合い,地域社会の一員として共に生きていくような多文化共生社会の実現を図るため,自治会等が実施する,在留外国人が住みやすく,また,在留外国人と地域住民との交流を促進する取組等を支援します。

 

対象となる事業

在留外国人が住みやすく,また,在留外国人と地域住民の交流を促進する以下のような取組を行う事業へ補助を行います。

(1)在留外国人と地域住民との交流を促進する取組

(2)在留外国人が日本文化や県内の歴史・自然等を体験する取組

(3)在留外国人の日本語能力の向上に繋がる取組

(4)その他,当事業の趣旨に即した取組

なお,次のいずれかに該当する事業は,対象となりません。

同一事業で,他の補助金や委託費等の交付を受ける事業

外国人材の受入れ先の企業や監理団体が実施する事業

在留外国人が参加しない事業

 

補助額

補助対象となる経費の10分の10以内の額(千円未満切り捨て)で,20万円を上限(全体予算40万円)

在留外国人の参加人数が5人未満の場合は上限10万円

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

PR・観光戦略部国際交流課

電話番号:099-286-2217

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?