閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 産業・労働 > 産業支援 > 創業・新分野進出等支援 > 鹿児島県宇宙ビジネス共創支援事業補助金公募のお知らせ(質問の回答を掲載しました(2回目))

更新日:2022年7月26日

ここから本文です。

鹿児島県宇宙ビジネス共創支援事業補助金公募のお知らせ(質問の回答を掲載しました(2回目))

事業目的

世界の宇宙産業は成長を続けており,現在の40兆円から2040年代には200兆円に成長すると予測されています。日本においても,小型衛星・小型ロケットの低コスト化を背景に市場が拡大しており,政府がとりまとめた「宇宙産業ビジョン2030」では,2030年代早期に現在の市場規模(約1.2兆円)を倍増させることを目標に掲げています。
こうした背景を踏まえ,本事業において,本県における宇宙機器の試験研究・試作や衛星データ画像の解析手法の研究・試行への補助を行うことで,宇宙ビジネス参入促進を図ることを目的とします。

補助対象者

中小企業者,大企業,市町村,大学等研究機関又はその他の団体により構成されるチーム※とする。
※チームの代表者は,県内に本社又は事業所を有する中小企業者とする。

補助対象事業

宇宙ビジネス参入に向けて行う宇宙機器の試験研究・試作又は衛星データ画像の解析手法の試験研究・試行等

補助対象期間・経費・補助金額等

  1. 補助対象期間
    交付決定日から令和5年2月28日(火曜日)まで
     
  2. 補助率及び補助上限額
    補助率:対象経費の10/10以内,補助上限額:1,000千円/件
     
  3. 補助予定件数
    2件
     
  4. 補助対象経費
    ・原材料及び副資材の購入に要する経費
    ・衛星データ画像購入費,衛星データ画像解析に使用するソフトウェア購入費
    ・機械装置又は工具・器具のリースに要する経費
    ・外注加工・検証等に要する経費
    ・原材料等の再加工及び設計等を外注する場合に要する経費技術課題の解決のために公設試験研究機関等の外部機関に分析・検査等を依頼する場合に,当該支援機関に支払われる経費。ただし,当該機関が購入する機器・設備等は対象としない。
    ・外部からの技術指導を特に必要とする場合に技術者等に支払われる経費及び産業財産権(工業所有権)の導入が必要となる場合に,所有権者等に支払われる経費(実施許諾料等)
    ・直接人件費 事業実施に直接従事する者(補助事業者と雇用関係が結ばれている者に限る。)の研究開発業務時間に対応する人件費に限るものとする。ただし,補助事業の内容がソフトウェア又は情報処理関連技術の場合を除き,補助対象経費の総額の3分の1を超えない額までとする。

補助対象経費については,一部変更する可能性があります。

応募期間

令和4年7月1日(金曜日)から令和4年8月10日(水曜日)午後5時まで

応募方法

【応募様式】

応募様式(WORD:31KB)

【募集要領】

令和4年度鹿児島県宇宙ビジネス共創支援事業補助金応募要領(PDF:120KB)

【提出先】

〒890-8577 鹿児島市鴨池新町10-1
鹿児島県商工労働水産部産業立地課新産業創出室
TEL:099-286-2897 E-Mail:shin-sousyutsu@pref.kagoshima.lg.jp
※「鹿児島県宇宙ビジネス共創支援事業補助金応募書類一式」と明記すること。

応募に係る質問について

 「質問書」(WORD:23KB)により,7月29日(金曜日)までにE-Mailにより受け付けます。

質問及び回答内容は,随時一覧表により原則県ホームページにて公表します。
なお,一覧表はほかの応募予定者から希望があれば適宜提供します。ただし,質問又は内容が質問者の具体的な提案内容に密接に関わるものについては,質問者に対してのみ回答します。

回答(最新:7月26日(火曜日))

質問に対する回答を掲載します。

回答(2回目)(PDF:55KB)

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課新産業創出室

電話番号:099-286-2897

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?