ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農地 > 農地を農地以外のものにしたいときは

更新日:2016年6月13日

ここから本文です。

農地を農地以外のものにしたいときは

農地や採草放牧地(以下「農地等」といいます。)を住宅敷地,工場敷地,道路,山林等の農地等以外のものにしたいときは,農地法に基づき知事の農地転用許可を受けなければなりません。

農地転用の許可は,自分の所有する農地を転用する場合でも,他人の農地等を買ったり借りたりして転用する場合でも必要ですので,農地等のある市町村農業委員会に農地転用の許可申請手続きを行ってください。

許可を受けないで農地等を転用すると,3年以下の懲役又は300万円(法人の場合は1億円)以下の罰金に処せられることがあります。
 
また,農地等が所在する場所によっては,許可されないこともありますので,手続きの前に農地等のある市町村農業委員会に御相談ください。

なお,許可を受けた後においても,所定の手続きを経ずに許可申請に記載した計画と異なるものに転用した場合や進捗状況の定期報告や完了報告をしなかった場合などは,許可条件違反として刑事罰を含む処分を受けることがありますので,注意してください。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農村振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?