ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業振興 > 降灰対策 > 新燃岳噴火(降灰)に対する農作物等の被害防止対策について

  • 許認可届出(様式提供)
  • 県の計画
  • 資格・検定・試験
  • 融資

ここから本文です。

更新日:2011年2月17日

新燃岳噴火(降灰)に対する農作物等の被害防止対策について

1 園芸共通

 (1)ハウスに灰が積もると,光線不足により同化能力が低下し,落花,結実不良,生育不良,商品性低下を生じるため除去に努める。
 (2)降灰があった場合は,ミスト機等による送風,動噴等による高圧散水等により除去する。
 (3)ハウスの自動開閉装置は,降灰量が多いと作動が悪くなるので,こまめに灰を除去する。
 (4)露地作物の散水による灰の除去は,移動式レインガン,スプリンクラー等の散水器具を活用する。
 (5)除灰作業に多量の水を使用する場合は,ほ場内外の排水に留意する。

2 野菜

 (1)作物体に付着した火山灰は,ブロワー,ミスト機,散水機器等で速やかに除去する。散水の場合は,十分な水量を用いる。
 (2)育苗期は,トンネルによる被覆保護を行う。また,生育中の作物も可能な場合は,トンネル被覆する。被覆資材は,防塵塩化ビニール又はポリオレフィン系フィルムとする。
 (3)火山灰等による被害が大きく回復が困難な場合は,品目等を検討し,まき直しを行う。

3 花き

 (1)キク等の母株については,速やかに除灰する。

4 果樹

 (1)降灰量の多い場合は枝折れ等や,葉や果実のヤケ等も発生するので,早急に樹上の火山灰を払い落す。
 (2)樹上に火山灰がある場合には,果皮が傷つきやすいので,除灰後に収穫を行い,取り扱いはていねいにし,収穫前には果実腐敗防止剤を散布する。
 (3)ビワでは,防寒をかねて果房を木毛で被覆し,さらに紙片または古紙等で火山灰除けを行う。また,袋が破袋した場合は被覆し直す。

5 葉たばこ

 (1)被覆資材に付着した火山灰は,散水により洗い落とし,光線のハウス内への透過を良好にし,健苗の育成を図る。特に,親床期は,共同育苗により管理の徹底をはかる。

6 茶 

 (1)摘採機の刈り刃や送風装置等の損傷を防ぐため,化粧ならし作業の前には降灰除去を行う。
 (2)降灰量が多い場合には,樹冠面からの除去に努める。

7 畜産(飼料作物)

 (1)茎葉の枯死した飼料作物は,早めに掃除刈をして追肥を行い,草の再生と回復に努める。
 (2)火山灰の多量に付着した飼料作物の給与をひかえる。
 
 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部農村振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る