ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 鳥獣被害対策 > 研修会等の開催状況 > ジビエ調理加工研修会を開催しました(平成30年9月6日)

更新日:2018年9月10日

ここから本文です。

ジビエ調理加工研修会を開催しました(平成30年9月6日)

鳥獣被害対策の一環として,ジビエの利用促進を目的とした,「ジビエ調理加工研修会」を開催しました。

当日は,一般社団法人日本ジビエ振興協会事務局長である鮎澤廉氏から「ジビエを取り巻く状況と衛生的な取扱」について説明いただいた後,同協会代表理事(長野県「オーベルジュ・エスポワール」オーナーシェフ)藤木徳彦氏から「素材の味を活かす調理実演」をしていただきました。

県内ホテルやレストランのシェフなどの調理関係者23人が参加し,ジビエの衛生管理やイノシシ肉・シカ肉の特徴を活かしたジビエ料理などについて,理解を深めました。

★ジビエ(gibier)とは,狩猟等により捕獲されたイノシシやシカなどの野生鳥獣又はその肉を指すフランス語です。

1.日時と場所

日時:平成30年9月6日(木曜日)午後2時~4時30分

場所:学校法人今村学園今村学園ライセンスアカデミー(鹿児島市新屋敷町2-10)

 

2.内容

【研修内容】

講演
  • ジビエを取り巻く状況と衛生的な取扱

講師一般社団法人日本ジビエ振興協会事務局鮎澤廉氏

調理実演

  • 素材の味を活かす調理実演及び試食(4品)

講師一般社団法人日本ジビエ振興協会代表理事藤木徳彦氏

 

【調理実演したジビエ料理】
  • 猪の赤ワイン煮込み地元野菜添え
  • 皮付き猪バラ肉の煮込みラケ
  • 鹿すね肉とバナナのタルト
  • ジビエテリーヌ(猪・鹿)

調理実習4品

 

【研修の様子】

300906藤木氏300906鮎澤氏

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農村振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?