ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 鳥獣被害対策 > 鳥獣被害対策実践事業(緊急捕獲活動支援事業)

更新日:2016年3月30日

ここから本文です。

鳥獣被害対策実践事業(緊急捕獲活動支援事業)

「鳥獣被害防止計画」を作成した市町村が実施する有害捕獲に係る捕獲活動経費等の支援を行い,鳥獣被害の防止・軽減を図ります。

事業主体

市町村協議会又は市町村

事業内容

  • 捕獲頭数に応じた捕獲活動経費の助成
  • 捕獲個体の埋設・焼却などに係る経費の助成
  • 市町村による捕獲現場での確認に係る経費の助成

対象鳥獣

  • イノシシ,シカ,サル,タヌキ,アナグマ,カラス,ヒヨドリ(ただし,有害捕獲により捕獲された鳥獣に限る)
  • 市町村毎に大きな被害がある(又は見込まれる)鳥獣で,被害防止計画の対象鳥獣として位置づけられているもの(県との協議が必要)

補助率

定額(獣種により上限単価が異なる)

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農村振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?