ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農作物等被害対策 > 原料用さつまいもの病害対策について

更新日:2019年5月22日

ここから本文です。

原料用さつまいもの病害対策について

さつまいも立枯・塊根腐敗症状の発生助長要因と対策

大隅や南薩地域を中心に発生した,さつまいものつる枯れやいもの腐敗について,国等との共同研究で実施したさつまいも圃場の疫学調査等により,発生を助長する要因が明らかになりました。このことから,防止対策を徹底しましょう。

【発生を助長する主な要因】
苗消毒を実施していない
降雨後,ほ場内に停滞水が生じやすい
過去にほ場で立枯・塊根腐敗症状が発生

【主な防止対策】
植付前の苗消毒を徹底する
排水対策を十分に行う
可能な場合は,土壌殺菌剤で土壌消毒を行う

生産者向け資料添付(PDF:467KB)

かんしょ産地で発生している立枯・塊根腐敗症状の原因究明とその抑制対策(農研機構)(外部サイトへリンク)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部経営技術課

電話番号:099-286-3155

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?