ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農産物 > さとうきび > いつ頃から使われてたの?

更新日:2014年9月18日

ここから本文です。

いつ頃から使われてたの?

とうきびの原産地はニューギニア近辺ではないかと考えられています。紀元前327年,アレキサンダー大王がインド遠征を行ったとき「インドには蜂の力に頼らずして密を作る葦がある」と伝えられており,そのころ既に利用されていたようです。
ュガーという英語の語源は,サンスクリット語のサルカラという言葉にさかのぼるといわれており,インドで開発されたといわれています。
本で初めて砂糖(黒砂糖)がもたらされてのは,奈良時代に唐僧・鑑真が日本に来たときとされています。この頃の砂糖は,大変な貴重品で,食品としてではなく薬として用いられていたようです。
がて,大陸との貿易が盛んになるにしたがって,砂糖の輸入量も次第に増えました。その後,江戸時代の鎖国によって,砂糖の輸入量は低く抑えられるようになりましたが,代わりに日本国内で砂糖(黒砂糖)が作られるようになりました。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農産園芸課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?