ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 畜産 > 家畜衛生に関する情報 > アフリカ豚コレラに関する情報

更新日:2019年9月10日

ここから本文です。

アフリカ豚コレラに関する情報

最新情報 

※鹿児島県の畜産・家畜衛生に関する情報は,畜産・家畜衛生メールマガジン「かごしま畜コミ・インフォ」でも随時配信中です。

各種情報

東アジアにおけるアフリカ豚コレラの発生状況 

発生状況(令和元年9月5日現在)
国名 発生件数 初発生 内訳(発生地域)
中国 157件 H30年8月 144農場/村,6施設,6車両,野生イノシシ1か所(22省,5自治区,4直轄市)
ベトナム 5,941件 H31年2月 5,941農場/村(58省,5直轄市)
モンゴル 11件 H31年1月 11農場/村(6県)
カンボジア 13件 H31年3月 13農場/村(5州)
香港 3件 R1年5月 3施設※同一と畜場における発生
北朝鮮 1件 R1年5月 1農場/村
ラオス 94件 R1年6月 92農場/村,2施設(1都,12県)
ミャンマー 3件 R1年8月 3農場/村(1州)

 

△ページトップへ戻る

海外におけるアフリカ豚コレラの発生状況 

  • アフリカ豚コレラは,元々サハラ砂漠以南のアフリカ諸国で発生していましたが,平成19年以降,ロシアやその周辺諸国で継続的に発生しています
  • 平成29年3月には,モンゴルとの国境に近いロシアのイルクーツク州で本病が発生しました。
  • 平成30年4月にハンガリー,平成30年8月にブルガリア,平成30年9月にベルギーで本病の発生が初めて確認されました。
  • 令和元年7月にスロバキア及びセルビアで本病の発生が確認されました。

△ページトップへ戻る

アフリカ豚コレラとは 

ポイント
  • アフリカ豚コレラは,アフリカ豚コレラウイルスの感染による豚やいのししの伝染性疾病であり,我が国の家畜伝染病予防法において,家畜伝染病(法定伝染病)に指定されています。
  • 人には感染しません。
  • 発熱と全身の出血性病変を主徴とし,致死率の非常に高い疾病です。
  • ウイルスに感染した豚との直接接触のほか,ダニを介した感染や,ウイルスに汚染された畜産物等によって伝播します。
  • 有効なワクチン,治療法はありません。
  • 名称や症状は「豚コレラ」に類似しますが,原因となるウイルスは異なります。
  • これまでに日本国内での発生は確認されていません。
原因

アフリカ豚コレラウイルス(アスファウイルス科,アスフィウイルス属)

豚コレラウイルス(フラビウイルス科,ペスチウイルス属)とは異なるウイルス

感染動物

豚,いのしし

感染様式

接触感染,ダニを介した感染

症状
  • 発熱,食欲不振,白血球減少,皮膚の出血,全身のチアノーゼ等
  • 致死率が非常に高い(甚急性・急性例では100%に達する)
  • 甚急性・急性例では豚コレラに酷似した臨床症状を示し,類症鑑別は困難。
予防・治療

有効なワクチン・治療法はない。

 

※アフリカ豚コレラに関する情報は,(国研)農研機構動物衛生研究部門のホームページにも掲載されています。

△ページトップへ戻る

侵入防止対策 

発生予防対策の重要ポイント

(1)人・物・車両によるウイルスの持込み防止

  • 衛生管理区域、豚舎への出入りの際の洗浄・消毒の徹底
  • 衛生管理区域専用の衣服、靴の設置と使用の徹底
  • 人・物の出入りの記録
  • 飼料に肉を含み、又は含む可能性があるときは、あらかじめ摂氏70度・30分間以上又は摂氏80度・3分間以上の加熱処理を徹底

(2)野生動物対策

  • 飼料保管場所等へのねずみ等の野生動物の排せつ物等の混入防止
  • 豚舎周囲の清掃、整理・整頓
  • 死亡家畜の処理までの間、野生動物に荒らされないよう適切に保管

予防対策の重要ポイントについて,農林水産省ホームページ(外部サイトへリンク)に紹介動画が公開されています。

畜産関係者の方がアフリカ豚コレラ発生国に行く場合の留意事項

  • 家畜を飼育している農場などへの立入りは極力避けるようにしてください。
  • やむを得ず農場などの畜産関連施設へ立ち入ったり、家畜に接触した場合には、病原体が人や物に付着しているおそれがありますので、帰国時に動物検疫所のカウンターにお立ち寄りください。
    過去の事例から、清浄国においてアフリカ豚コレラが発生する原因は、ウイルスに汚染された航空機や船舶から出る厨芥残渣を豚に給餌したことによるものです。このため、動物検疫所は定期的に、厨芥残渣が適切に処理されているかどうかの立入検査をしています。
  • 発生国からの肉製品等の持込みは、機内食も含め堅く禁じられています。

消毒の徹底について

  • アフリカ豚コレラウイルスに対しては,多くの市販の消毒薬(逆性石けん等)が有効です。
  • 有機物(糞便等)の混入は消毒効果を大きく下げるため,汚れたら適宜交換してください。

 

△ページトップへ戻る

飼っている豚に異常が見られたら最寄りの家畜保健衛生所までご連絡ください。 

連絡先 電話番号
  • 鹿児島中央家畜保健衛生所

099-274-7555

  • 鹿児島中央家畜保健衛生所熊毛支所

0997-27-0036

  • 鹿児島中央家畜保健衛生所大島支所

0997-63-0045

  • 鹿児島中央家畜保健衛生所大島支所喜界町駐在機関

0997-65-0046

  • 鹿児島中央家畜保健衛生所大島支所瀬戸内町駐在機関

0997-72-0246

  • 鹿児島中央家畜保健衛生所徳之島支所

0997-83-0074

  • 鹿児島中央家畜保健衛生所徳之島支所和泊町駐在機関

0997-92-0043

  • 鹿児島中央家畜保健衛生所徳之島支所与論町駐在機関

0997-97-2033

  • 南薩家畜保健衛生所

0993-83-2156

  • 北薩家畜保健衛生所

0996-22-2184

  • 姶良家畜保健衛生所

0995-62-3070

  • 曽於家畜保健衛生所

099-487-2351

  • 肝属家畜保健衛生所
0994-43-2515

 

△ページトップへ戻る

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部畜産課

電話番号:099-286-3224

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?