ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 平成26年度研究成果ポスター優秀作品のご紹介

更新日:2017年8月21日

ここから本文です。

平成26年度研究成果ポスター優秀作品のご紹介

研究成果発表会(7月4日)において,研究成果を紹介するポスター22枚を展示しました。

本年度は新たな取り組みとして,来場者による投票と審査員による審査を行いました。

その結果優秀なポスターとして選定された7枚をご紹介します。

イトルをクリックするとpdfで拡大表示、ダウンロード等できます。

県庁18階ロビー(7月11日~7月30日)県民交流センターロビー(8月1日~8月15日)に展示しました。

審査員賞・最優秀賞
ポスター春ソバ「春のいぶき」

夏に新ソバが食べられる~春まきソバ「春のいぶき」の栽培法~(PDF:1,451KB)

大隅支場

県のソバ栽培は,秋まきが中心ですが,春まき用の品種「春のいぶき」が育成され,春まき栽培も始まっています。「春のいぶき」による春まき栽培の播種期は,播種後の霜害と収穫期が梅雨と重なるため,6月上旬までに収穫できる3月下旬から4月上旬が適します。基肥の窒素施用量は3~6kg/10a,播種量は7~8kg/10aが適します。収穫期の判断は,主茎頂部花房の黒化率50~80%です。

 

次点

「こなみずき」でん粉の食品利用

ポスターDNAマーカー

ポスター分娩前乳汁チェック乳房炎治療
サツマイモ新品種「こなみずき」でん粉の食品利用(PDF:293KB) 鹿児島県育成品種のDNAマーカー利用による品種識別技術の開発(PDF:252KB) 分娩前乳汁チェックによる乳房炎治療効果の検証(PDF:284KB)

 

ポスター「プチホルン」 ポスターイネ南方黒すじ萎縮病 ポスターカボチャ新品種「ジェジェJ」
新たな需要が期待される県育成テッポウユリ「プチホルン」(PDF:480KB) セジロウンカが媒介する新病害「イネ南方黒すじ萎縮病」の発病リスク(PDF:454KB) 国内産端境期出荷が可能で,超多収な短節間・高貯蔵性カボチャ新品種「ジェジェJ」(PDF:354KB)

パネル題名 部署 成果の主な内容
サツマイモ新品種「こなみずき」でん粉の食品利用 農産物加工研究指導センター これまでのさつまいもでん粉より約20℃低い温度(58~60℃)で糊状になる低温糊化性でん粉を有する品種「こなみずき」が育成され,食品への用途拡大が期待されています。水産練り製品や麺類,餅などの食品に利用すると,弾力感や歯切れのよさ,べたつきの減少など優れた食感改良効果や品質保持効果があり,多様な加工食品に利用できます。
鹿児島県育成品種のDNAマーカー利用による品種識別技術の開発 園芸作物部 本県育成品種(水稲,テッポウユリ)のDNAマーカーを利用した品種識別技術を開発しました。テッポウユリは全国主力品種と県育成6品種を相互に識別できます。水稲は本県育成水稲品種7品種と奨励品種3品種,「さつま赤もち」と赤米6品種,「さつま黒もち」と紫黒米5品種を相互に識別できます。
分娩前乳汁チェックによる乳房炎治療効果の検証 畜産試験場大家畜部 分娩前乳汁が粘性有りの場合,あるいは粘性無しで色が茶色および緑色の場合では分娩後に乳房炎が発症しませんでしたが,粘性無しで色が白-黄色および血乳色の場合では高い確率で乳房炎が発症しました。分娩前の治療効果では,分娩前の乳汁検査で分娩後の乳房炎発症率が高いと判定された分房に対して治療を試みたところ,分娩後の乳房炎の発症は認められませんでした。
新たな需要が期待される県育成テッポウユリ「プチホルン」 花き部 県育成テッポウユリ「プチホルン」は栽植密度を高めて栽培することで,茎が細くしなやかな草姿に仕立てることができます。また,花束用として2~3輪の切り花が適しており,球根サイズも慣行よりワンサイズ以上小さい球根で栽培できます。県でも幅広い消費層へ認知してもらうために,県園芸振興協議会と連携して品種をイメージしたキャラクターを作成し,品種PRに活用しています。
セジロウンカが媒介する新病害「イネ南方黒すじ萎縮病」の発病リスク 生産環境部 平成22年にセジロウンカが媒介する新たなウイルス病「イネ南方黒すじ萎縮病」の日本国内における発生が初確認されました。発生と特徴を知るため,トラップによるウイルス保毒虫の飛来状況と発病リスクの高い田植え時期を明らかにしました。
国内産端境期出荷が可能で,超多収な短節間・高貯蔵性カボチャ新品種「ジェジェJ」 園芸作物部
農産物加工研究指導センター
「ジェジェJ」は本県主力品種の「えびす」に比べて果肉は硬く,果皮色は収穫後80日間は良好に保たれることなど極めて高い貯蔵性を持ちます。8月下旬播種で11月下旬に収穫した場合,国内産が少なく高単価が見込める2月に出荷できます。また,つる長は短く,密植により慣行栽培の1果重,乾物率,Brixを維持したまま40%の増収が可能です。

 

 県庁18階ロビー展示(7月11日~7月30日)

H26、ポスター、県庁ロビー

H26、ポスター、県庁ロビー展示

 かごしま県民交流センター6階ロビー展示(8月1日~8月15日)

県民交流センターポスター展示1

県民交流センターポスター展示2

 

関連ページ

全体会,ロビー種分科会,畜産分科会スター優秀作品のご紹介H29H28H27H26

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?