ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 平成27年度研究成果ポスター優秀作品のご紹介

更新日:2017年8月21日

ここから本文です。

平成27年度研究成果ポスター優秀作品のご紹介

秀なポスターとして選定された8枚をご紹介します。

多くの投票を頂きありがとうございました。

イトルをクリックするとpdfで拡大表示,ダウンロード等できます。

1位スター大賞(合計総得票数が最も多かったポスター)
H27成果発表会、ポスター、鹿児島5号

めざせ!かごしまブランド桜島大根県育成新F1品種「鹿児島5号」(PDF:737KB)

園芸作物部野菜研究室

桜島大根は世界一大きな大根として知られ,鹿児島県を代表する伝統野菜であり,漬け物原料や観光土産品に用いられています。しかし桜島大根では農家が自家採種を行っており,採種法が一般化されていませんでした。さらに根形の不揃い,空洞症・す入りの発生が問題になっていました。そこで,ハイブリットを利用した桜島大根「鹿児島5号」を育成しました。

 

2位ーケットニーズ賞(生産現場等に効果的な試験研究)
H27成果発表会、ポスター、まめこぞう

グリーンピースの革命児まめこぞう(PDF:434KB)

園芸作物部野菜研究室

本県の実えんどうは生産量が全国2位であり,重要な園芸作物として位置付けられています。現在,無霜地帯で主に栽培されている品種「あくねグリーン」「スーパーグリーン」は多収ですが,単価の高い収穫前期(11~2月)が低収で,食味が劣る等の問題があります。そこで早期から多収で,食味の良い品種の育成に取り組み,「まめこぞう」を育成しました。

 

3位PR賞(研究成果を分かりやすく表現したポスター)
H27成果発表会、ポスター、か交7号

ニガウリ新品種「か交7号」(PDF:425KB)

園芸作物部野菜研究室

鹿児島県が育成したニガウリ品種「か交5号」は果実品質が優れ,市場評価も高く鹿児島県の主要品種です。しかし,側枝の発生が多く,側枝除去作業に時間を要することや,生育後半でコブ形状が尖るなどの果形が乱れることが問題となっています。そこで,「か交5号」より側枝除去作業が省力可能で,後半まで果実品質の良い「か交7号」を育成しました。

 

4位 6位

H27成果発表会、ポスター、あきほなみ

H27成果発表会、ポスター、立神・冬馬

H27成果発表会、ポスター、鹿児島の土壌は今
県育成白競輪ギク新品種立神(りゅうじん)・冬馬(PDF:503KB) 県育成白競輪ギク新品種立神(りゅうじん)・冬馬(PDF:305KB) 鹿児島の土壌は今(PDF:230KB)

 

7位  
H27成果発表会、ポスター、適正施肥 H27成果発表会、ポスター、スプレー花色  
土壌のレベルに応じた適正施肥~そのリン酸肥料,本当に必要ですか~(PDF:973KB) スプレーギクの花色を自在に操る(PDF:294KB)  

県庁18階ロビーにて展示しました(9月1日~30日)

 

H27成果発表会、ポスター屋上展示 H27成果発表会、ポスター県庁展示

 

関連ページ

プログラム全体会分科会ポスター会場H29H28H27H26

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?