ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 令和2年度「鹿児島県農業開発総合センター研究成果発表会」

更新日:2020年7月6日

ここから本文です。

令和2年度「鹿児島県農業開発総合センター研究成果発表会」

下記日程(7月10日(金))で予定しておりました,令和2年度「農業開発総合センター研究成果発表会」は,新型コロナウイルス感染症の感染拡大等の状況を鑑みて,延期と致します。

延期後の日程については,改めて当ページ等で御案内致します。

当発表会を楽しみにしていただいた皆様には,誠に恐縮ですが,御理解のほどよろしくお願いします。

令和2年度「農業開発総合センター研究成果発表会」開催概要

発表会写真〔確定〕

 

1
鹿児島県農業開発総合センターが開発した新技術や,最新の試験研究成果を農業関係者等に広く周知するとともに,生産現場での活用促進を図る。

2
令和2年7月10日(金曜日)13時から16時

3
かごしま県民交流センター

4
(1)テーマ
環境変動リスクに打ち勝つ農業技術の開発

(2)概要(会場に変更がございます。)

時間・場所

内容

12時~
(1F県民ホール前)

【受付】

13時~13時30分
(2F展示ロビー)

【ポスター発表】
44枚のポスターを掲示・発表

13時30分~14時50分
(1F県民ホール)

【全体会】
(1)環境変動に対応できる水稲品種で安心生産
(2)キャベツ根こぶ病の土壌管理による発生抑止と総合防除対策
(3)ニホンナシの春施肥による発芽不良発生軽減効果
(4)気象リスクに対応した飼料作物生産技術の検討

15時~16時
(1F県民ホール)

【分科会(耕種部門)】
(1)桜島大根「桜島おごじょ」の空洞症を軽減できる作型と施肥技術
(2)1~2月どりレタスの有望品種と地帯別・被覆法別定植適期の推定
(3)キク発蕾後電照による開花遅延効果
(4)DNAマーカーによる本県育成品種の識別技術

15時~16時
(2F中ホール)

【分科会(畜産部門)】
(1)黒毛和種子牛の更なる発育向上を目指して(肉用牛)
(2)搾乳ロボットを用いた泌乳持続性牛群の飼養管理技術(乳用牛)
(3)「かごしま黒豚」の有機養豚による生産の可能性(豚)
(4)横斑プリマスロックの制限給餌による産卵成績の向上(鶏)
(5)新たな凍結保存技術による高付加価値で特徴ある畜種の安定生産技術の実用技術開発

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5参集範
農業者,農業関係団体,市町村,農業委員会,鹿児島大学及び関係の高校
その他関連企業,鹿児島

6の他
当日は,新型コロナウイルス感染予防対策の一環としてマスクを着用の上,御来場くださるようお願いします。

 

〔参考資料〕

令和2年度「農業開発総合センター研究成果発表会」開催要領(PDF:68KB)

令和2年度「農業開発総合センター研究成果発表会」出席報告(Word様式)(WORD:14KB)

当日の様子

(会終了後お知らせします。)

関連ページ

令和元年度研究成果発表会

平成30年度研究成果発表会

平成29年度研究成果発表会

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?