ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 平成29年度研究課題(熊毛支場)

更新日:2017年8月21日

ここから本文です。

平成29年度研究課題(熊毛支場)

 

  課題名 研究
期間
予算
区分
目的 担当研究室等
1 超早場米の品種選定試験 H8~ 県単 コシヒカリに代わる安定生産可能な良食味の水稲品種を選定する。 熊毛支場(作物研)
2 多回株出し栽培によるサトウキビ低コスト栽培に適した品種の選定 H28~37 県単 熊毛地域の環境条件並びに機械化作業に適した多回株出し可能な省力/低コストな品種の選定を行う。 熊毛支場(作物研)
3 サトウキビ用新規生分解性マルチ資材の選定と早期高糖性品種に対するマルチ効果の実証 H27~29 公募 種子島のサトウキビ栽培はマルチ栽培面積減少が減収要因の一つになっている。従来コスト高であった生分解性マルチは近年低価格の新規資材が開発されたことから利用技術を確立する。あわせて,早期高糖性品種,Ni22,KTn03-54のマルチ効果の実証を行う。 熊毛支場(作物研)
4 気象災害に強く安定多収なサトウキビ適正品種の導入と省力低コスト生産技術体系の確立 H28~30 公募 種子島におけるサトウキビは近年,低収が続き,生産回復には多収品種「農林18号」の面積拡大が望まれるが,耐倒伏性不良など問題も多い。そこで,品種特性に応じた栽培技術を確立し,普及をすすめる。奄美地域では気象災害回避,労力分散のため夏植えの品種選定と品種特性に応じた栽培技術の確立を図る。 熊毛支場(作物研)
徳之島支場(作物研)
5 多回株出しに対応した新植栽様式の開発と株出しにおける効率的な施肥法の確立 H28~32 公募 畦幅を広げ2条植を行う高密度栽植様式について,多回株出し栽培への適応性をを検討する。また,株出し栽培において,株出し管理と同時に行う開溝の幅,深さを改良し,条間深層施肥を行うことにより肥効の安定化を図る。 熊毛支場(作物研)
6 ソロヤムの優良系統選抜と増殖,種芋供給 H29~33 公募 前事業の中で良質種芋の選抜を実施し,形質の安定性を確認した。そこで,選抜した系統を絞り込み,その後増殖を行い,更に良質な種芋供給を行う。 熊毛支場(園芸研)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター熊毛支場

電話番号:0997-22-0007

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?