ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 平成29年度研究課題(大島支場)

更新日:2017年8月21日

ここから本文です。

平成29年度研究課題(大島支場)

  課題名 研究
期間
予算
区分
目的 担当研究室等
1 さとうきび病害虫防除技術確立試験 S46~ 県単 栽培上の最大の阻害要因となっている病害虫について,その発生生態を解明し,防除対策を確立するとともに,新しい防除法を開発する。 大島支場(病虫研)
2 奄美のマンゴー生産拡大を支える新作型等の開発 H28~32 県単 新作型の開発による作期拡大や高品質果実生産技術を確立する。 大島支場(亜熱帯果樹研)
3 奄美群島に再侵入したミカンコミバエ種群の根絶及び再侵入・定着防止対策のための技術開発と実証 H28~30 公募 化学誘引剤にLEDなどを組みあわせた強力なトラップを開発する。また,誘殺個体のDNA解析により、飛来源と寄主植物を特定する。飛来予測システムを改良してより広範囲への飛来予測を可能にする。カンキツ類への寄主選好性をより詳細に調べる。また,ミカンコミバエ種群の発生確認地点の周辺環境,主要な野生寄主植物の分布状況を調査し野外での好適生息環境を明らかにする。 大島支場(病虫研)
4 カンキツク゛リーニンク゛病の省力多量検定技術およびより環境に配慮したミカンキシ゛ラミ防除技術の開発・実証 H27~29 公募 新たに開発された新フ゜ライマー・簡易抽出器具および人工培養技術を用いたク゛リーニンク゛病のより省力的で確度が高く,多量に処理できる診断技術を開発・実証するとともに,天敵糸状菌や高機能資材を利用したより環境に配慮したミカンキシ゛ラミ防除技術を開発・実証し,早期根絶を加速させる。 大島支場(病虫研)
生産環境部(病昆研)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター大島支場

電話番号:0997-52-3545

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?