ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 平成30年度公開デーを開催します

更新日:2018年12月14日

ここから本文です。

平成30年度公開デーを開催します

県民の皆様に農業研究を御理解いただくために,12月15日(土曜日)午前10時から公開デーを主に県立農業大学校キャンパスで農大祭と合同で開催します(雨天決行)。「ミニ講演会」などにより研究成果や最新情報をわかりやすく紹介します。当日は農大祭も開催されます。


農業研究体験10時~13時 農大祭チラシH30
DNAをとりだしてみよう(園芸作物部バイオテクノロジー研究室)
っぱしおり作成(果樹・花き部)
内に分布する土壌の紹介,どろだんご作り体験(生産環境部土壌環境研究室)
バスツアー11時~13時
業大学校及び農業開発総合センターの施設・ほ場等の案内
ミニ講演会10時30分~12時30分
果樹苗木の植え付けについて
鹿児島の土壌について
野菜の豆知識ご紹介
全国和牛能力共進会について
農産物等展示10時~13時
芸作物部 大麦粒,小麦粒,大豆粒,玄米(黒米等)
産環境部 昆虫の標本,ジャガイモそうか病発生イモ,各種天敵,県内の様々な土壌
果樹・花き部 県育成のテッポウユリ,輪ギク,スプレーギク,様々な果物の鉢物
隅支場 様々なサツマイモ
     
堆肥配布(畜産試験場)10時~13時
 
緑茶販売(茶業部)10時~13時
     
パネル展示10時~13時
菜・作物 サトイモの湛水栽培
  年内どりが可能でおいしいイチゴ「鹿児島6号」
  抑制インゲンの作期拡大と早熟インゲンの畝連続利用
  早期から普通期まで水稲品種のラインアップ勢ぞろい
  焼酎麹用米新品種「たからまさり」の開発
  カボチャをもっと楽に作る~大規模栽培を可能にする新しい省力技術~
  間断散水氷結法による種子島のスナップエンドウの霜害対策
  半履帯トラクタを活用した田畑輪換ほ場の耕盤修復法
  効率的な新品種開発のためのDNAマーカー選抜技術
  鹿児島県育成品種のDNAマーカー利用による品種識別技術の開発
壌環境・病害虫 オクラのアブラムシ類に対する天敵温存植物を活用した土着天敵の保護・強化技術
  施設野菜のアブラムシ類に対するハイブリッド・バンカー法マニュアル
  生き物の力を借りて農作物を守る農業生産技術
  鹿児島県内のジャガイモそうか病の生態と菌種
  キャベツ根こぶ病は低温期に定植する作型では発生が少ない
  本県における生理障害の発生事例(1)(2)
  鹿児島の土壌は今
  土の不思議
  バレイショの安定生産のために土壌pHを測ろう
花き 鹿児島県育成夏秋スプレーギク新品種「サザンサマーピンク」
  キクの発蕾後電照による開花遅延効果
  和の美しさが光る鹿児島県育成テッポウユリ品種
  鹿児島県内のキク白さび病菌のレースと品種の感受性
  小輪系テッポウユリ「プチホルン」の着色技術
無加温栽培「大将季」におけるGA散布による生理落果軽減
  ニホンナシ「凜夏」の維管束褐変は適期収穫と常温貯蔵で回避できる
  カラタチ台タンカン「垂水1号」の落葉と気象要因との関係
  芳香があり,食味の優れる品種「津之輝(つのかがやき)」
  果樹のエース品目「大将季」ただ今面積拡大中!
茶業経営の未来を拓く自動化技術~ここまできた無人摘採機~
夜間間断散水によるチャノホソガの三角巻葉の発生抑制効果
  炒蒸機とネット型乾燥機を用いて製造した加工用てん茶・抹茶の品種別色の特徴
和牛子牛に"紫さつまいも"を食べさせたらストレスが軽減!
  輸送ストレス軽減で和牛日本一!
  数値からみる「かごしま黒豚」の美味しさ!
  「黒さつま鶏」の母親にダイエットさせたら産卵率アップ!
  永年草地の断根で草勢回復!
  間接後代検定済優良種雄牛「土瀬波」
  平成30年度県有種雄牛一覧
  「鹿児島黒牛」のさらなる品質向上のためのDNA解析
  変更する場合があります。一部は材料がなくなり次第終了します。

 

過去の様子 H29 H28 H27 H26 H25 今回も多くの皆様のご来場をお待ちしております。

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?