ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 普及に移す研究成果(野菜部門:その他参考情報)

更新日:2017年1月13日

ここから本文です。

普及に移す研究成果(野菜部門:その他参考情報)

平成27年度

  • スナップエンドウの不織布の水平張りと練炭を用いた防霜対策
  • 簡易平張施設における抑制ニガウリ,早熟カボチャの栽培方法
  • 秋,冬まき中ネギ栽培における収穫可能な播種時期
  • 台風リスクを軽減できる抑制インゲンマメの11~12月どり新作型
  • 抑制インゲンマメにおける高温が欠株発生に及ぼす影響
  • キュウリ栽培でのヒートポンプと温風暖房機を併用したハイブリッド加温による燃油費削減
  • 地球温暖化によるソラマメ産地への影響
  • ソラマメの花粉稔性と高温の影響
  • 促成カラーピーマンのクラッキング対策技術

平成26年度

  • 根深ネギの10~11月どり平床栽培に適する品種と苗質
  • キュウリ栽培における燃油使用量削減のための日射比例変夜温管理技術
  • 無加温半促成栽培におけるニガウリ「か交7号」の着果開始節位の違いによる収量への影響

平成25年度

  • 年内どりキャベツの生育制御による出荷調整技術

平成24年度

  • 早熟インゲンマメの播種適期
  • 日射比例変夜温管理による促成ピーマン栽培の生産コスト削減
  • 普通期水稲裏作で11月下~12月上旬定植、4月下~5月上旬収穫用キャベツとして「YR天空」が有望

平成23年度

  • ピーマン促成栽培におけるヒートポンプによるハイブリッド暖房
  • 秋作栽培マイクロチューバ-由来の種いもの生産性
  • サトイモ「泉南中野早生大隅系」の親芋副芽を用いた大量増殖技術
  • バレイショ秋作採種種いもの温蔵処理による萌芽促進効果

平成22年度

  • サツマイモ用自走式収穫機を利用したニンジンの栽培様式と収穫作業の省力化
  • 若掘りゴボウの播種期に応じた収穫適期
  • 加工・業務用カボチャ生産のための省力栽培法
  • 若堀ゴボウの初冬まき4月下旬及び5月中旬どり作型

平成20年度

  • 熊毛地域における簡易平張施設の環境特性
  • 形質とマイクロサテライトマーカーによる桜島大根の分類

平成19年度

  • 奄美地域における冬春期及び夏期の簡易平張り施設の環境特性
  • イチゴのフルオープンハウス利用による昇温抑制と増収効果
  • 紙ポット利用によるイチゴ「さつまおとめ」の花芽分化の早進化効果
  • 促成ピーマンの日射量に応じた夜温管理による暖房費節減技術

平成18年度

  • ニガウリの受精機構
  • サトイモ中生優良系統の特性
  • 奄美地域のバレイショに対する水利用技術

平成17年度

  • 根深ネギの春まき秋取り用品種として「夏扇4号」が有望
  • 熊毛地域における2~3月取りタマネギの有望品種
  • 奄美地域におけるカボチャの早熟栽培用粉質系品種として「くりひろ」が有望
  • 奄美地域におけるカボチャの早熟栽培に「えびす」の授粉用品種として「くりひろ」が有望
  • 促成栽培用中果系カラーピーマンの有望品種
  • 冬春まき初夏どり若掘りゴボウの最適栽植密度
  • 成分調整型堆肥を利用した秋まきマルチニンジン栽培
  • 成分調整型堆肥を利用した初秋キャベツ栽培
  • ニガウリの有孔ポリフィルム被覆によるトンネル早熟栽培
  • ニガウリ「か交5号」の適正な着果数確保のための人工授粉の頻度
  • 半促成ニガウリにおける人工授粉とミツバチ授粉の着果効果の比較
  • イチゴ低コスト高設栽培における施肥・かん水法
  • 促成トマトの第3果房着果以降における水分管理技術
  • 促成トマトの遮根シートを利用した高品質果実安定生産技術
  • ニガウリ「か交5号」の花成に及ぼす温度,日長の影響
  • 早掘りサトイモの子芋主体の系統(株)選抜による水晶症の軽減
  • ニガウリの授粉時刻と受粉量が着果,果実形状に及ぼす影響
  • つる性インゲンマメ「ビックリジャンボ」の枝別生産力と生態特性

平成16年度

  • カボチャの露地抑制栽培用粉質系品種として「くりゆたか」が有望
  • 冬まきハクサイの直がけ栽培法と有望品種
  • 根深ネギの4~5月どり栽培における育苗法及びトンネル被覆法
  • 簡易な被覆資材を利用した新ゴボウの2~4月連続生産
  • 半促成作型におけるニガウリ「か交5号」の適正な着果開始節と着果数
  • アスパラガスの長期どり栽培における追肥の種類,施用量
  • 中山間地域におけるソラマメの秋まき晩春どり新作型
  • ジャガイモの霜害軽減のための節水散水
  • ジャガイモの赤土造成後の牛ふん堆肥の施用量
  • 加工用ニンジンの不織布利用による2月どり栽培技術
  • ニガウリ「か交5号」の雌花着生に夜温が及ぼす影響
  • アールス系メロンの隔離ベッド栽培における培土の種類及び施肥方法
  • 奄美地域におけるトマト省力育苗資材「ジフィポット」の適正育苗日数
  • ソラマメの霜害軽減のための節水散水
  • 暖冬時における露地ソラマメ栽培の摘心時期

平成15年度

  • 奄美地域におけるニガウリの半促成栽培用有望品種「か交5号」の品種特性
  • ニガウリのトンネル早熟栽培における仕立て法
  • 若堀りゴボウの1~2月まき6月どりべたがけ栽培新作型
  • アスパラガスの長期どり栽培における養分吸収特性
  • 熊毛地域におけるハウス半促成,トンネル早熟栽培ニガウリの定植期,保温法
  • 晩夏まきニンジンを基幹とした輪作作物の導入による効率的畑利用
  • 根深ネギ「春扇」の晩夏~初秋まき4~5月どり栽培における抽台回避及び多収技術
  • パプリカの早熟栽培における品種,播種期,仕立て法及び着果法
  • ジャガイモの外観品質向上のための赤土造成法と有望な赤土の種類
  • イチゴ「さつまおとめ」の普通育苗における花芽分化促進,花数増加のための遮光と施肥管理
  • イチゴ「さつまおとめ」の多収・高品質果生産のための電照開始時期
  • ミニカボチャのハウス早熟栽培における品種及び仕立法
  • フルオープンハウスによるハウス内気温上昇抑制技術
  • イチゴのポリオレフィン製シートを利用した低コスト高設栽培システムの特性
  •  

普及に移す研究成果(野菜部門:普及情報)

 

野菜|作物病害虫土壌環境花き果樹茶業加工・流通

大家畜中小家畜畜産環境・飼料肉用牛改良機械・装置植物バイオ経営

 

平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度

平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?