ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 普及に移す研究成果(花き部門:その他参考情報)

更新日:2017年1月13日

ここから本文です。

普及に移す研究成果(花き部門:その他参考情報)

平成27年度

  • 秋ギクにおいて暗期中断による花芽分化抑制は,年内開花の作型が多くの光量を必要とする
  • 切り花70cmのスプレーギクを効率的に生産する方法
  • ソリダゴの苗を夏季に安定的に得る方法
  • 施設園芸用農ビおよび農PO系被覆資材の種類と紫外線透過率
  • 母株ほ場におけるキク白さび病防除のための紫外線B波蛍光灯の設置および使用方法

平成26年度

  • 夏秋スプレーギクの低温遭遇が少ないインドネシア産種苗は5~6月早出し栽培を可能にする
  • キク電照用としての赤色LEDは昆虫誘引が少ない光源である

平成24年度

  • キクの電照期間中における電照中断日数が花芽分化に及ぼす影響

平成22年度

  • キクの電照栽培における必要光量は、各種条件により変化する
  • 秋スプレーギク8~9月出し夜冷栽培による切り花品質の向上
  • 秋輪ギク9月出しの夜冷栽培による切り花品質の向上

平成20年度

  • 秋スプレーギク栽培における高夜温管理の開始時期
  • 「フローラル優香」の電照9月出し栽培における再電照時期の奇形花への影響

平成19年度

  • 夏秋輪ギク「フローラル優香」の貫生花発生要因

平成18年度

  • 夏秋輪ギク「フローラル優香」の9月出し無摘心栽培におけるやなぎ芽発生軽減対策
  • 奄美地域におけるソリダゴ「タラ」の作型別最適電照時間

平成17年度

  • 夏秋輪ギク「フローラル優香」の8月開花での最適シェード時間
  • 秋輪ギク「神馬2号」の消灯後の日長操作による品質向上
  • 夏秋輪ギク「フローラル優花」の消灯後の最適日長操作方法

平成16年度

  • 奄美地域向け秋寒小ギクの有望3品種
  • 宿根アスターの白色有望品種「キララホワイト」
  • 「フローラル優香」のやなぎ芽軽減方法

平成15年度

  • 輪ギクの省力育苗技術として有望な「水挿し育苗」
  • ソリダゴの秋から春の採穂方法
  • ソリダゴの夏場に定植または台刈りする作型の草丈伸長促進技術

 

普及に移す研究成果(花き部門:普及情報)

 

野菜作物病害虫土壌環境|花き|果樹茶業加工・流通

大家畜中小家畜畜産環境・飼料肉用牛改良機械・装置植物バイオ経営

 

平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度

平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?