ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 普及に移す研究成果(肉用牛改良部門:その他参考情報)

更新日:2017年1月13日

ここから本文です。

普及に移す研究成果(肉用牛改良部門:その他参考情報)

平成27年度

  • 胚移植技術を活用したリピートブリーダー(低受胎牛)の受胎促進
  • ホルモン製剤等の投与による簡易な過剰排卵前処理法

平成26年度

  • 種雄牛精液の生産性向上

平成21年度

  • 黒毛和種胎子の生時体重の予測

平成20年度

  • 黒毛和種枝肉重量遺伝子座(CW-2)の優良タイプは,枝肉重量の改良に貢献する

平成15年度

  • 肉用牛の産肉能力に関与する遺伝子の検索
  • 牛受精卵の凍結保存に用いる耐凍剤の検討
  • 子牛出荷時データを用いた黒毛和種の遺伝的能力解析
  • ウシ凍結精液融解後の精子生存性の改善

 

普及に移す研究成果(肉用牛改良部門:普及情報)

 

野菜作物病害虫土壌環境花き果樹茶業加工・流通

大家畜中小家畜畜産環境・飼料|肉用牛改良|機械・装置植物バイオ経営

 

平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度

平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?