ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 普及に移す研究成果(平成18年度:その他参考情報)

更新日:2017年1月13日

ここから本文です。

普及に移す研究成果(平成18年度:その他参考情報)

野菜

  • ニガウリの受精機構
  • サトイモ中生優良系統の特性
  • 奄美地域のバレイショに対する水利用技術

作物

  • 玄米外観品質及び食味からみた玄米タンパク質含有率
  • サツマイモでん粉粕を原材料とした紙マルチの特性

病害虫

  • EastAsianPassifloraVirus(EaPV;パッションフルーツ東アジアウイルス,旧呼称PWV)接種後の樹体内の移行と症状の発現
  • アクタラ粒剤5を用いたゲッキツのミカンキジラミの防除体系

土壌環境

  • サトウキビ「NiF8」の春植栽培における施肥窒素の利用率
  • 最終追肥の遅延が結球型葉菜類の硝酸イオン濃度に及ぼす影響

花き

  • 夏秋輪ギク「フローラル優香」の9月出し無摘心栽培におけるやなぎ芽発生軽減対策
  • 奄美地域におけるソリダゴ「タラ」の作型別最適電照時間

果樹

  • 粘着くん水和剤40のミカンハダニに対する防除効果の変動要因
  • 電子レンジを用いたカンキツ類の飽和水分不足度の簡易測定法
  • 電照によるパッションフルーツの春実の生産技術
  • ウメ「南高」における結果枝の長さ別の花芽分化時期の違い

茶業

  • 品種特異的RAPDマーカーによる県育成チャ品種「あさのか」の識別
  • 茶園の更新による樹形変化が雨水の落下と地下への浸透に及ぼす影響
  • 赤葉枯病菌による輪斑病抑制効果に及ぼす殺菌剤散布の影響
  • 画像解析による生葉の熟度評価
  • 過熱水蒸気等の新しい熱源を用いた茶殺青機
  • 赤焼病の発生に及ぼす栽培管理の影響
  • 冬季にチャの葉枯れ症状を引き起こす氷核活性最近
  • 高温補正によるクワシロカイガラムシ第三世代防除適期の予測
  • 幼木茶園におけるサツマイモネコブセンチュウの発生状況
  • 蒸し製玉緑茶において粗収益の高い品種
  • 玉緑茶,煎茶への茶種作り分けと粗収益

植物バイオ

  • 秋輪ギク品種「新神」のDNAマーカーによる品種識別

 

普及に移す研究成果(平成18年度:普及情報)

 

平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度

平成21年度平成20年度|平成19年度|平成18年度|平成17年度平成16年度平成15年度

 

野菜作物病害虫土壌環境花き果樹茶業加工・流通

大家畜中小家畜畜産環境・飼料肉用牛改良機械・装置植物バイオ経営

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?