ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 普及に移す研究成果(平成23年度:その他参考情報)

更新日:2017年1月13日

ここから本文です。

普及に移す研究成果(平成23年度:その他参考情報)

野菜

  • ピーマン促成栽培におけるヒートポンプによるハイブリッド暖房
  • 秋作栽培マイクロチューバ-由来の種いもの生産性
  • サトイモ「泉南中野早生大隅系」の親芋副芽を用いた大量増殖技術
  • バレイショ秋作採種種いもの温蔵処理による萌芽促進効果

病害虫

  • ダントツ水溶剤の樹幹散布によるカンキツ苗木の省力的防除
  • 定量PCR法はカンキツグリーニング病菌を高率に早期に検出可能
  • 鹿児島県におけるナシ黒星病の主要な伝染源
  • サツマイモの塊根表皮を絵かき状に食害するサツマイモトビハムシ

土壌環境

  • 可給態リン酸含量に対応したハクサイのリン酸施肥
  • 果実収量に対応したハウスニガウリの施肥量
  • 平成21年7月~22年10月に降下した昭和火口由来火山灰の理化学性
  • 平成23年1月26日に噴火した新燃岳由来の火山灰の理化学性

果樹

  • 枝葉中成分から推測されるタンカンの異常落葉の発生要因
  • ナシ発芽不良の発生実態
  • ハウス栽培マンゴーにおけるヒートポンプの除湿機能と換気扇の強制換気を組み合わせた湿度制御による炭そ病等の発生抑制
  • ハウスミカン栽培における地中熱(井水)利用型ヒートポンプによる重油消費量および暖房コストの削減
  • 簡易比色計による土壌の交換性塩基類および有効態リン酸の測定

茶業

  • 多収栽培でのブロイラー鶏ふん堆肥の秋肥施用によるコスト削減
  • 秋冬期の温暖化はカンザワハダニの休眠雌率を下げ産卵可能な個体数を増やす
  • 冬季における定温はカンザワハダニ非休眠雌の産卵を阻害する
  • 茶葉の人工萎凋による重量変化の予測

加工・流通

  • 近赤外分光分析法によるカボチャの粉質感の非破壊評価

中小家畜

  • 飼料用米給与がバークシャー種肥育去勢豚に及ぼす影響

機械・装置

  • サツマイモの省力育苗採苗システム

植物バイオ

  • ニガウリの偽受精胚培養による半数体作出法

 

普及に移す研究成果(平成23年度:普及情報)

 

平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度|平成23年度|平成22年度

平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度

 

野菜作物病害虫土壌環境花き果樹茶業加工・流通

大家畜中小家畜畜産環境・飼料肉用牛改良機械・装置植物バイオ経営

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?