ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 普及に移す研究成果(平成24年度:その他参考情報)

更新日:2017年1月13日

ここから本文です。

普及に移す研究成果(平成24年度:その他参考情報)

野菜

  • 早熟インゲンマメの播種適期
  • 日射比例変夜温管理による促成ピーマン栽培の生産コスト削減
  • 普通期水稲裏作で11月下~12月上旬定植、4月下~5月上旬収穫用キャベツとして「YR天空」が有望

病害虫

  • マンゴー無加温栽培におけるチャノキイロアザミウマに対するスワルスキーカブリダニ利用技術
  • カンキツグリーニング病原細菌を高精度に検出できる採取部位
  • 性フェロモンを用いたイネヨトウの発生時期・量の把握にはSEトラップが有効
  • 普通期水稲の主要品種におけるセジロウンカ発生量の差異
  • サツマイモトビハムシ幼虫の被害とマルチ栽培,品種との関係
  • サツマイモトビハムシのサツマイモほ場での発生生態の解明
  • 有機栽培オクラにおける土着天敵ヒメハナカメムシ類の発生消長
  • イネヨトウの被害抑制にはヨトウコンIによる交信かく乱が有効

土壌環境

  • 黒ボク土畑のキャベツーサツマイモ栽培体系におけるN2Oの発生

花き

  • キクの電照期間中における電照中断日数が花芽分化に及ぼす影響

果樹

  • ブロワを活用した中晩柑(ぽんかん,不知火等)収穫果実の効率的な降灰除去技術
  • マンゴーの日焼け果の抑制技術
  • 「大将季」の加温開始から開花までの温度管理方法
  • 着果負担とマンガン過剰がタンカンの異常落葉症に及ぼす影響
  • タンカンにおける異常落葉症の発生と果実品質等の台木間差
  • 降灰条件下のビニールハウスにおけるフッ素系フィルムを利用した光線透過率の向上

茶業

  • 茶園における省力的除灰法(除灰機能付き摘採機,スプリンクラー)の効果
  • チャノホソガの各発育ステージにおける各種薬剤の効果
  • カンザワハダニ休眠雌に対する薬剤の効果
  • サイクロン式吸引洗浄装置による病害虫防除効果
  • チャ輪斑病菌の茶葉を用いた簡易な薬剤感受性検定法
  • チャの系統,品種における色沢評価と測色値,色素類,pHの関係
  • 生葉保管と炒蒸機による殺青が荒茶の香気成分に与える影響
  • チャの樹高が生葉収量・荒茶品質仁及ぼす影響

大家畜

  • 低受胎牛(リピートブリーダー)への受精卵移植による受胎促進

中小家畜

  • 黒さつま鶏の母方種鶏「横斑プリマスロック」の改良

畜産環境・飼料

  • トウモロコシ二期作と冬作を組み合わせた2年5作栽培体系

機械・装置

  • 半履帯形トラクタのロータリ耕・心土破砕耕への適応性
  • 畦立マルチャの構造が粒状資材の土壌混和に及ぼす影響

植物バイオ

  • 本県育種におけるDNAマーカー選抜に適したDNA簡易抽出法

 

普及に移す研究成果(平成24年度普及情報)

 

平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度|平成24年度|平成23年度平成22年度

平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度

 

野菜作物病害虫土壌環境花き果樹茶業加工・流通

大家畜中小家畜畜産環境・飼料肉用牛改良機械・装置植物バイオ経営

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?