ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 普及に移す研究成果(平成25年度:その他参考情報)

更新日:2017年1月13日

ここから本文です。

普及に移す研究成果(平成25年度:その他参考情報)

野菜

  • 年内どりキャベツの生育制御による出荷調整技術

作物

  • 低温糊化性でん粉原料用サツマイモ「こなみずき」の多収栽培法

病害虫

  • 本県コナガのジアミド系薬剤に対する感受性の低下
  • 水差しした発病葉を利用したイチゴうどんこ病に対する殺菌剤の効果試験法
  • アフリカシロナヨトウの薬剤感受性
  • コガネムシ類幼虫の防除効果に対する簡易薬剤検定法
  • アオドウガネの産卵習性
  • カボチャの「イボ果」の原因は細菌である
  • スナップエンドウ「ごま症」の発生に関する植物病原菌

土壌環境

  • 県内農地土壌の炭素推定蓄積量
  • 普通期水稲における収量とリン酸及びカリ吸収量の関係
  • 可給態リン酸含量が秋まきニンジンの収量,外観品質に及ぼす影響

果樹

  • ビワ新品種「はるたより」の品種特性
  • 加温栽培「大将季」における満開期以降の温度管理法
  • ナシの発芽不良発生に及ぼす秋冬季の気温の影響
  • マンゴー栽培地域におけるチャノキイロアザミウマ新規系統の発生分布と薬剤感受性
  • カンキツグリーニング病接種樹における病原細菌の存在部位

茶業

  • 茶園の台切り更新法と仕立て法
  • 「あさのか」の有機栽培への適応性
  • 一番茶芽と秋芽及び品種間での潮風害発生程度
  • 熱画像による茶園の樹冠面温度と黒球温度の関係
  • カンザワハダニの休眠に必要な温度条件
  • 脱皮阻害作用のあるIGR剤に対する抵抗性チャノホソガの出現
  • チャノキイロアザミウマ2系統の多検体識別法
  • 茶株内におけるチャトゲコナジラミ幼虫の寄生部位
  • チャノホソガに対するエスマルクDFの散布適期は葉縁巻葉期
  • 茶画像診断システムの荒茶品質情報を用いた主成分分析による茶産地及び茶工場毎の外観・水色の特徴の可視化
  • ハロゲンランプ型水分計による荒茶および清揉葉含水率の簡易測定法

加工・流通

  • 低温貯蔵とフィルム包装等による桜島大根の貯蔵期間延長
  • カボチャ品種「えびす」の品質に及ぼす貯蔵温度の影響
  • 収穫時期が異なる「こなみずき」のでん粉含量およびとポリフェノール含量がでん粉白度に及ぼす影響
  • 「こなみずき」でん粉を使用したわらびもちの冷凍耐性

中小家畜

  • かごしま黒豚肥育豚に対する橙色系サツマイモ給与の影響
  • さつま地鶏への飼料用米給与の効果

機械・装置

  • 半履帯トラクタを活用した田畑輪換ほ場の耕盤修復法

植物バイオ

  • 本県育種におけるDNAマーカー選抜に適したDNA簡易抽出法

 

普及に移す研究成果(平成25年度:普及情報

 

平成28年度平成27年度平成26年度|平成25年度|平成24年度平成23年度平成22年度

平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度

 

野菜作物病害虫土壌環境花き果樹茶業加工・流通

大家畜中小家畜畜産環境・飼料肉用牛改良機械・装置植物バイオ経営

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?