ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 普及に移す研究成果(平成26年度:その他参考情報)

更新日:2017年1月13日

ここから本文です。

普及に移す研究成果(平成26年度:その他参考情報)

野菜

  • 根深ネギの10~11月どり平床栽培に適する品種と苗質
  • キュウリ栽培における燃油使用量削減のための日射比例変夜温管理技術
  • 無加温半促成栽培におけるニガウリ「か交7号」の着果開始節位の違いによる収量への影響

作物

  • 無エルシン酸品種「ななしきぶ」と「ななはるか」の品種特性
  • 糖度からみた青果用サツマイモ「安納紅」の収穫適期
  • 鹿児島県に適する飼料用稲専用品種
  • サトウキビ「Ni22」の根腐病対策

植物バイオ

  • チャ育種におけるDNAマーカー選抜に適したDNA簡易抽出法

病害虫

  • キスジノミハムシ幼虫に対する浸透移行性を有するプリロッソ粒剤の効果的な施用位置
  • 普通期水稲のウンカ類防除体系における第1世代防除の効果
  • ジャガイモヒゲナガアブラムシに対するギフアブラバチの有効性
  • 2種カブリダニ類のピーマンの株内における分布特性を活用した効率的な調査手法
  • 新規生物農薬「リモニカスカブリダニ」の有効性
  • ギフアブラバチの効率的大量増殖技術
  • ギフアブラバチのバンカー法における初期投入量の目安
  • 土壌中のアブラナ科野菜根こぶ菌休眠胞子検出法(直接法)の汎用50mL遠沈管の使用による簡便化
  • 界線スライドガラスを用いて土壌からのこぶ病休眠胞子を検出する方法
  • 土壌からの根こぶ病菌休眠胞子検出法(直接法)の検出感度を向上させるための被検液濃縮法
  • 県内の根こぶ病菌の病原型とCR品種利用の可能性
  • ゲッキツ一斉防除によるミカンキジラミのカンキツへの飛来防止
  • ヨトウコンIは半量処理でもイネヨトウの被害抑制に有効

土壌環境

  • 飼料用米品種「ミズホチカラ」の施肥法
  • 夏季灌水による難防除畑雑草及び有害線虫の抑制
  • 有機栽培における露地野菜の土づくり指標
  • 有機栽培ほ場への転換過程における土壌微生物性の変化
  • サトウキビ栽培地域における土壌のケイ酸供給能とその評価法

花き

  • 夏秋スプレーギクの低温遭遇が少ないインドネシア産種苗は5~6月早出し栽培を可能にする
  • キク電照用としての赤色LEDは昆虫誘引が少ない光源である

果樹

  • ウンシュウミカンにおける炭酸カルシウム微粉末剤のチャノキイロアザミウマに対する防除効果
  • 加温栽培カンキツ「大将季」の糖度の上昇とクエン酸の低下
  • 樹勢判断のためのカンキツ用台木の通水速度測定方法
  • ナシ「新高」発芽不良の発生要因

茶業

  • 黒ボク土深刈り更新園における一酸化二窒素を低減する施肥法
  • 多腐植質黒ボク土茶園における一酸化二窒素発生量の推定
  • 夏期におけるチャ品種の灌水効果と水ストレス
  • 散水による二番茶茶芽生育の制御
  • 茶葉の色沢を低下させない乾燥機の設定条件
  • 夏茶における生葉の低温保管による品質向上
  • 夏茶における生葉の保管条件が重量や化学成分に与える影響

機械・装置

  • ケーンハーベスタによる採苗技術
  • ケーンハーベスタ採苗による無選別蔗苗の植付け本数

大家畜

  • 塩化アンモニア施肥による乾乳期用粗飼料の生産とその給与効果

肉用牛改良

  • 種雄牛精液の生産性向上

 

普及に移す研究成果(平成26年度:普及情報)

 

平成28年度平成27年度|平成26年度|平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度

平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度

 

野菜作物病害虫土壌環境花き果樹茶業加工・流通

大家畜中小家畜畜産環境・飼料肉用牛改良機械・装置植物バイオ経営

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?