ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 普及に移す研究成果(令和元年度:研究情報)

更新日:2020年3月16日

ここから本文です。

普及に移す研究成果(令和元年度:研究情報)

野菜

  • LED育苗システムで生産されたピーマン苗は慣行苗よりも生育が促進される
  • LED育苗システムで生産されたキュウリ苗は慣行苗よりも生育が促進される

花きNew!

  • キク白さび病に対する薬剤の防除効果と作用

病害虫New!

  • ツマジロクサヨトウの薬剤感受性
  • 薬剤の特性を生かしたサトイモ疫病に対する効果的な防除体系
  • サトイモ疫病菌は46℃,5分間の温度で死滅する
  • 水浸漬で浮く種イモからはサトイモ疫病菌やフザリウム属菌が高率に検出される
  • 施設トマト栽培のタバココナジラミに対する土着天敵イトカメムシの有効性
  • スワルスキーカブリダニの代替餌としてのスイートアリッサムの効果
  • オクラでの春期用天敵温存植物の植栽時期がアブラムシ類への防除効果に及ぼす影響
  • ソラマメのアザミウマ類に対する植生管理技術に有効な天敵温存植物とその植栽位置
  • スナップエンドウのアザミウマ類に対する植生管理技術に有効なおとり植物とその植栽位置
  • ソラマメのアザミウマ類に対するスワルスキーカブリダニの放飼効果
  • ナスコナカイガラムシに対する薬剤評価手法と有効薬剤
  • サトウキビ夏植え栽培におけるイネヨトウの幼虫寄生蜂の寄生状況
  • 奄美群島のパパイアウイルス病の病原はパパイア奇形葉モザイクウイルスである

機械・装置

  • マルチロータによる液剤散布特性
  • マルチロータと無人ヘリのダウンウォッシュの差異と液剤散布特性
  • セル育苗法によるサツマイモと飼料用稲の混植育苗と機械化栽培技術
  • 蛍光塗料を利用した畝内の粒剤分布及び薬剤濃度簡易測定法

普及に移す研究成果(令和元年度:普及情報)

 

普及に移す研究成果メニュー

令和元年度平成30年度平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度

平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度

 

野菜作物病害虫土壌環境花き果樹茶業加工・流通

大家畜中小家畜畜産環境・飼料肉用牛改良機械・装置植物バイオ経営

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター企画調整部

電話番号:099-245-1114

研究企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?