ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 定温蒸気処理によるマンゴーの炭そ病様黒色斑点の抑制

更新日:2017年1月19日

ここから本文です。

定温蒸気処理によるマンゴーの炭そ病様黒色斑点の抑制

農産物加工研究指導センター(現:大隅加工技術研究センター)

研究の目的

ンゴーは食味や果皮色が優れ,消費者の購買意欲を高めていますが,最近,流通過程で果皮面に炭そ病様黒色斑点が発生し問題となっていました。この斑点防止には温湯処理が一般に行われていますが,温湯の温度管理が煩雑なことや果皮色のくすみや食味低下などの品質劣化を伴うなど解決すべき課題がありました。そこで,斑点発生抑制のための温湯処理に替わる簡便な処理法を開発しました。

研究の成果

  • マンゴー収穫後に発生する炭そ病様黒色斑点は,定温蒸気処理により抑制できます。
  • 黒色斑点は炭そ病様のものが多く,炭そ病菌等の他に2種の糸状菌が関与します。
  • 定温蒸気処理は,黒色斑点の抑制効果が温湯処理と同等で,加えて果皮色のくすみや食味の低下などの品質低下を抑制できます。
  • 定温蒸気処理には,50~52℃で約10分必要です。
  • 定温蒸気処理装置を県内企業と共同開発して特許出願し,平成20年10月から販売を開始しています。

マンゴーの黒色斑点、低温蒸気処理装置

詳しい情報はこちら

~この成果に関する詳しい情報をPDFで表示します~(PDF:36KB)

 

普及に移す研究成果メニュー

平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度

平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度

 

野菜作物病害虫土壌環境花き果樹茶業加工・流通

大家畜中小家畜畜産環境・飼料肉用牛改良機械・装置植物バイオ経営

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部大隅加工技術研究センター

電話番号:0994-31-0311

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?