ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業技術 > 農業開発総合センタートップ > 露地栽培オクラにおける選択的殺虫剤およびインセクタリープランツ(天敵温存植物)を活用した土着天敵の保護強化法

更新日:2017年1月26日

ここから本文です。

露地栽培オクラにおける選択的殺虫剤およびインセクタリープランツ(天敵温存植物)を活用した土着天敵の保護強化法

生産環境部部病理昆虫研究室

研究の目的

安心・安全な農作物生産,環境と調和した農業の実践および病害虫の薬剤抵抗性の発達防止のためには,化学合成農薬だけに依存しない持続可能な生産技術の確立が必要です。そこで,本県の露地栽培野菜の主要品目であるオクラにおいて土着天敵の保護・強化を主体としたIPM(総合的病害虫・雑草管理)技術確立について取り組みました。

研究の成果

H26,病理昆虫部,天敵,オクラ,ほ場 H26,病理昆虫部,天敵,オクラ,幼虫
ソルゴーを植栽したオクラほ場 アブラムシを捕食するヒラタアブの幼虫
   
H26,病理昆虫部,天敵,オクラ,花 H26,病理昆虫部,天敵,オクラ,ナミテントウムシ
オクラの花 オクラ上のヒメカメノコテントウ

 

  • ワタアブラムシおよびチョウ目害虫(オオタバコガ,ハスモンヨトウおよびフタトガリコヤガ等)に対して選択的殺虫剤を活用することで,ワタブラムシの土着天敵が保護されます。
  • オクラのワタアブラムシに対して有効な選択的殺虫剤は,「エコピタ液剤」,「粘着くん液剤」および「チェス顆粒水和剤」です。
  • 確認された土着天敵はテントウムシ類,ヒラタアブ類,捕食性タマバエ類,寄生蜂,ヒメハナカメムシ類およびクサカゲロウ類です。
  • ほ場の一角にインセクタリープランツとしてソルゴーを植栽することで,オクラのワタブラムシ個体数をより安定的に抑制できます。これは,オクラの害虫とはならないヒエノアブラムシがソルゴー上に発生し,これを餌にアブラムシ類の土着天敵が温存され,これらの土着天敵がオクラにも供給されるためです。

詳しい情報はこちら

~この成果に関する詳しい情報をPDFで表示します~(PDF:153KB)

 

普及に移す研究成果メニュー

平成28年度平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度

平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度

 

野菜作物病害虫土壌環境花き果樹茶業加工・流通

大家畜中小家畜畜産環境・飼料肉用牛改良機械・装置植物バイオ経営

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター生産環境部

電話番号:099-245-1155

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?