ホーム > 社会基盤 > 土地・建設業 > 建設業 > 建設業の許可業種に解体工事業が新設されます

更新日:2016年1月27日

ここから本文です。

建設業の許可業種に解体工事業が新設されます

成28年6月から,現行の建設業法では「とび・土工工事業」に含まれている「工作物の解体」を独立させ,建設業許可に係る業種区分として,新たに「解体工事業」が追加される予定とされています。

の改正建設業法の施行日以降は,解体工事業を営む者については,原則解体工事業の許可が必要となります。

だし,施行の際に,既にとび・土工工事業の許可で解体工事業を営んでいる建設業者については経過措置が設けられ,施行日から3年間は,引き続きとび・土工工事業の許可を有している限り,解体工事業の許可を受けなくても引き続き解体工事業を営むことができるとされています。

細については、国土交通省ホームページで御確認ください。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部監理課

電話番号:099-286-3490

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?