ホーム > 社会基盤 > 土地・建設業 > 入札参加資格・契約等 > 工事請負契約に係る最低制限価格の算定式の見直しについて(平成29年5月1日)

更新日:2017年4月28日

ここから本文です。

工事請負契約に係る最低制限価格の算定式の見直しについて(平成29年5月1日)

が発注する工事請負契約に係る最低制限価格について,下記のとおり算定することとしましたのでお知らせします。

 

 
1低制限価格は,予定価格算出の基礎となった次に掲げる額を用いて,下記の式で算出される額(K)に100分の108を乗じて得た額(ただし,その額が,予定価格に10分の9を乗じて得た額を超える場合にあっては10分の9を乗じて得た額とし,予定価格に10分の7を乗じて得た額に満たない場合にあっては10分の7を乗じて得た額)とする。

K=A+B+C+D

 

 

A:直接工事費の額に10分の9.7を乗じて得た額
B:共通仮設費の額に10分の9を乗じて得た額
C:現場管理費の額に10分の9を乗じて得た額
D:一般管理費の額に10分の5.5を乗じて得た額

 

(K,A,B,C,Dのそれぞれの計算結果に1円未満の端数が生じた場合は,これを切り捨て1円単位とする。)

 

2算体系が土木工事標準歩掛によらない維持修繕工事は,予定価格に88%を乗じて得た額とする。

 

一般工事と異なる積算体系の工事における最低制限価格の取扱い(平成29年5月1日)(PDF:56KB)

 

<適用時期>

この見直しは,平成29年5月1日以降に入札公告又は指名通知を行う工事及び製造についての請負契約から適用する。

 

見直しの概要(新旧対照)(PDF:38KB)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部監理課

電話番号:099-286-3498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?