ホーム > 社会基盤 > 土地・建設業 > 入札参加資格・契約等 > 入札・格付制度の見直しについて

更新日:2009年4月10日

ここから本文です。

入札・格付制度の見直しについて

 県では,公共工事の入札制度について,これまでも,入札の透明性や競争性の向上を図るため,一般競争入札の対象金額の引き下げ,指名業者数の増加の措置などに取り組んできました。
  一方で,建設業は,地域の雇用を支えるとともに,災害発生時の対応などに大きな役割を果たしており,地域における健全な建設業の育成は,重要な課題ですが,景気の後退や公共投資全体の縮減等により,建設業を取り巻く環境は,極めて厳しい状況にあります。
 このような状況を踏まえ,県では,平成20年度において入札の透明性・競争性の一層の向上を図るとともに,技術と経営に優れた建設業者の育成及び公共工事の品質確保の観点から,庁内に入札・格付制度見直し作業部会を設置して,国からの要請や県議会からの申し入れ,事業者団体の意見等も踏まえながら,格付制度を含めて,入札制度全般について見直しを行ってきましたが,その結果を別紙のとおり取りまとめました。
  見直し後の入札制度については,平成21年度から実施することとしていますが,可能なものについては,平成20年度中に既に実施しています。
 今後とも,入札制度の改善には,引き続き取り組んでまいります。

入札・格付制度見直しの概要

 

お問い合わせ先

鹿児島県土木部監理課 入札・契約指導班
 
〒890-8577 鹿児島市鴨池新町10-1
TEL099-286-3498

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部監理課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?