ホーム > 社会基盤 > 公共事業 > 技術管理・検査 > CALS/EC > 鹿児島県の電子入札について

更新日:2014年3月25日

ここから本文です。

鹿児島県の電子入札について

鹿児島県電子入札運用に関するお知らせ

電子入札システムとは?

電子入札システムの概要

電子入札システムとは,インターネットからの入札参加を可能にするシステムのことです。システムの導入により,発注者には業務の効率化等,受注者には移動コストの縮減等のメリットがあります。また,入札に関する情報は,併せて開発する入札情報システム(PPI)で公開することが可能なので,事業の透明性向上にもつながります。

鹿児島県の電子入札システムの特徴

鹿児島県の電子入札システムの特徴としては次のような事項があげられます。

  • 電子入札コアシステムをカスタマイズして開発。
  • 「工事・委託の入札」,「物品・役務の調達」システムを合わせて開発。
  • 県と県内市町村とでシステムの共同利用を行う。

電子入札コアシステム(以下,コアシステム)を利用し開発することで,受注者は既に運用されている国土交通省の電子入札システムと同じ操作方法で,電子入札に参加することができます。また,コアシステムは物品・役務の調達に関する機能も備えているため,これらも合わせて開発することとしました。県内市町村とのシステム共同利用については,システムの開発コスト縮減を図るとともに,操作法の統一や研修の共同開催による普及促進・効率化といったメリットがあります。現在,県内43市町村のうち42市町村が共同利用に参加しています。

鹿児島県の電子入札導入スケジュール

鹿児島県では,平成16年度から設計を行い,県と市町村との共同でシステムを開発・運営し,平成19年9月から電子入札の試行を開始し,平成20年10月からは一部本格運用を行い,平成22年1月から全面的な本格運用を行っています。

受注者のための電子入札導入手順

これから電子入札を導入する方(受注者)のために,簡単で分かりやすい手順書を準備しています。

電子入札システム説明資料

平成19年2月9日に開催した,物品・役務業者を対象とした説明会資料を掲載しています。

ICカード等の準備時期については,今後,県や各自治体のホームページや,電子入札ポータルサイト(外部サイトへリンク)に掲載いたします。今すぐICカードを購入する必要はありませんので,県や各自治体の情報を確認のうえ購入準備を進めてください。また,国土交通省や他自治体の電子入札(コアシステムを利用したシステム)で,既にICカードを取得されている場合は,新たにカードを購入する必要はありません。
 

電子入札システム(物品・役務)画面説明資料

電子入札システムの操作画面説明資料です。鹿児島県の電子入札システムは,電子入札コアシステムを利用して開発しているため,国土交通省の電子入札システムや,コアシステムを利用して開発されている他自治体の電子入札システムと,ほぼ同じ操作方法でご利用いただけます。

 

入札情報サービス(PPI)画面

電子入札システムと合わせて開発する,入札情報サービス(PPI)の画面説明資料です。入札情報サービスでは,発注見通し,発注情報,入札結果等の情報を検索することが出来ます。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部監理課

電話番号:099-286-3498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?