ホーム > 社会基盤 > 道路・交通 > 道路整備 > 国道223号小谷拡幅の丸尾滝橋(302m)が開通しました!

更新日:2015年9月11日

ここから本文です。

国道223号小谷拡幅の丸尾滝橋(302m)が開通しました!

尾滝橋は霧島市牧園町丸尾地区の一般国道223号上に位置し,本県を代表する観光地である霧島温泉郷から霧島神宮を結ぶ重要な観光道路の橋梁で,平成13年から14年間の長い年月をかけて,去る平成27年3月30日に開通しました。

さ302メートル,高さ約32メートルのこの橋梁は,急峻な山岳地形で温泉腐食環境(高温地熱・強酸性土壌・火山性ガス)のもと建設されたため,国内初となる道路橋基礎でのシラスコンクリートの採用など特殊工法を用いて,過酷な環境を克服してきました。

の開通により,落石や斜面崩壊による通行規制が解消され,安全で円滑な交通の確保されました。また,この橋梁からは霧島温泉郷の大パノラマが一望でき,温泉の噴き出す様子など,観光客にダイナミックな自然を楽しんでいただけるようになりました。

通式典当日は,工事経過報告や来賓祝辞の後,テープカットやくす玉開披,地元小学生による和太鼓演奏が披露され,丸尾滝橋の開通を祝いました。

 

丸尾滝橋(位置図等)

整備前

丸尾滝橋(整備前)

整備後

丸尾滝橋(整備後)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部道路建設課

電話番号:099-286-3536

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?