ホーム > 危機管理・防災 > 河川情報 > 河川砂防情報システム > 危機管理型水位計の運用開始

更新日:2018年10月10日

ここから本文です。

危機管理型水位計の運用開始

近年の豪雨災害を踏まえ,監視体制や県民への情報提供を強化し,早急な水防活動や住民の適切な避難判断を支援することを目的として,県内150箇所に「危機管理型水位計」の設置を進めています。
危機管理型水位計の水位情報は,河川砂防情報システムで順次公表していきます。

  • 危機管理型水位計
    洪水時のみ水位観測を行う低コストの水位計。

運用開始

先行して設置した5箇所について,平成30年9月20日(木曜日)から運用開始しています。

5箇所:堀川(南さつま市),串良川(鹿屋市),羽月川(伊佐市),八房川(いちき串木野市),高城川(薩摩川内市)
その後,年度内に100箇所程度を順次運用開始予定です。

水位情報は,河川砂防情報システムで見ることができます。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部河川課

電話番号:099-286-3595

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?