ホーム > 社会基盤 > 港湾・空港 > 港湾管理 > 鹿児島港・川内港・志布志港で制限区域を設定しています

更新日:2011年3月25日

ここから本文です。

鹿児島港・川内港・志布志港で制限区域を設定しています

保安対策のあらまし

米国同時多発テロなどを受け,外国貿易船が使用する港湾施設などの保安を強化するために「海上人命安全条約」(SOLAS条約)が改正され,平成16年7月1日に発効しました。
対象となる施設においては,フェンス等の保安設備を設置したうえで,出入管理を強化することが求められています。これは国際間の約束である条約に基づく措置であり,これが実施できない場合は,その施設を外国貿易船などが利用できなくなることも想定されます。
県が管理する鹿児島港,川内港,志布志港の公共埠頭のうち,外国貿易船が利用する岸壁,野積場(貨物の置場)などの施設では,平成16年7月1日から立入制限を行っています。荷役業務に従事する方や船舶の乗務員・乗客など,対象となる港湾施設の利用に正当な理由を有する方を除き,原則として制限区域に入場することはできません。
また,水域においても,正当な理由を有しない船舶等の進入を禁止する制限区域を設定しました。    

制限区域を設定している施設

港名 担当の県事務所
鹿児島港 鹿児島地域振興局建設部建設総務課   
鹿児島市小川町3-56
099-805-7414
川内港 北薩地域振興局建設部建設総務課 
薩摩川内市神田町1-22
0996-25-5548
志布志港 大隅地域振興局建設部志布志市駐在
志布志市志布志町帖6617-17
099-473-1651


制限区域の図面

川内港(PDF) (229.94KB)
  • 立入制限を行う区域には,岸壁のほか,野積場(貨物の置場),上屋が含まれる箇所もあります。
  • 図面のうち,赤線で囲んだ陸域及び赤色で塗りつぶした水域が制限区域です。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部港湾空港課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?