ホーム > くらし・環境 > 住まい > 住宅に関するお知らせ > 子育て世帯や高齢者などの居住支援に係る相談窓口を開設します

更新日:2017年7月26日

ここから本文です。

子育て世帯や高齢者などの居住支援に係る相談窓口を開設します

子育て世帯や高齢者などが民間賃貸住宅へ入居を希望する際,大家さんのご理解のもと円滑な入居が図られるような居住支援の取組について,県では不動産関係団体や県社会福祉協議会などの関係団体で構成する鹿児島県居住支援協議会を設置しています。
この協議会の活動として,民間賃貸住宅に入居を希望する子育て世帯や高齢者などを対象とした電話相談窓口を2箇所,8月1日から開設します。

電話相談問合せ先

099-224-4543
対応日:平日(8時30分~17時15分(12時~13時は除きます。))

099-800-4842
対応日月,水,土(10時~16時(12時~13時は除きます。))注)8月1日(火曜日)は相談対応します。

鹿児島県居住支援協議会

本協議会は,住宅確保要配慮者(※)に対する情報の提供や円滑な入居促進を図るため,平成24年8月に設立しています。

(※)住宅確保要配慮者…子育て世帯,高齢者,低額所得者など,住宅の確保に特に配慮を要する方
(「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律」で定義されています。)

協議会会員(平成29年7月26日現在)
  • 不動産団体(公益社団法人鹿児島県宅地建物取引業協会,公益社団法人全日本不動産協会鹿児島県本部)
  • 居住支援団体(社会福祉法人鹿児島県社会福祉協議会,NPO法人やどかりサポート鹿児島,公益財団法人鹿児島県住宅・建築総合センター)
  • 地方公共団体(県,鹿児島市,鹿屋市,薩摩川内市,霧島市)
平成29年度の取組

本協議会は,今年度,国土交通省補助事業「重層的住宅セーフティネット構築支援事業」の採択を受け,住宅確保要配慮者の居住安定確保を目的とした相談窓口の開設や相談会の開催など,本協議会会員と連携した「鹿児島あんしん居住サポート事業」(事業内容は以下のとおり)について取り組みます。

  • 電話相談窓口の開設(8月1日開設)
  • 相談会の開催(鹿児島市,鹿屋市,薩摩川内市,霧島市の4箇所(日時,会場は未定))
  • 居住支援団体のネットワーク化
    宅確保要配慮者に対する入居時の支援や入居後の見守り活動に取り組んでいる居住支援団体と連携し,支援を必要とする方々や民間賃貸住宅の賃貸人に対して情報提供できるようネットワーク化を図ります。
  • 居住支援団体等への聞き取り調査
    住宅確保要配慮者が,賃貸住宅への入居が困難,入居後の暮らしに不安があるといった現状を把握するため,地方公共団体や居住支援団体のほか,賃貸住宅の賃貸人などを対象に現状や課題に関する聞き取り調査を実施します。

関係法令等

住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律(平成19年法律第112号)(一部改正法が平成29年4月26日公布,公布後6ヶ月以内施行)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部建築課住宅政策室

電話番号:099-286-3738

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?